• TOP
  • >
  • 働き方
  • >
  • 1000人以上で実施へ。TIS、「テレワーク・デイズ2019」に特別協力団体として参加
2019-07-09 07:30

働き方

1000人以上で実施へ。TIS、「テレワーク・デイズ2019」に特別協力団体として参加

テレワーク・デイズ
7月24日に1000人以上でテレワーク実施
TIS株式会社は、2019年7月5日、テレワークの推進運動『テレワーク・デイズ2019』に特別協力団体として参加すると発表した。

同社は、TISインテックグループに属し、SI・受託開発やサービス型のITソリューションを多数展開している企業。『テレワーク・デイズ2019』への参加では、コア日と設定されている2019年7月24日に1000人以上の社員によるテレワーク実施を目指すとしている。

多岐にわたる施策にチャレンジ
TISでは、社員が自ら働く場所と時間を選択する「働き方」を推進しており、2019年4月には終日テレワークを主とする「テレワーカー」というワークスタイルも新設。柔軟で多様な働き方を促進する制度・環境を整備することで、社員のパフォーマンス最大化と成果の質およびスピードの向上、またオーバヘッドの削減を目指している。

『テレワーク・デイズ2019』の参加にあたって同社は、東京五輪開催時における混雑緩和への協力に加えて、災害時における業務継続性(BCP)への対応も目的として設定。働く場所に依存しない業務プロセスを実現すべく、組織単位でテレワークや多岐にわたる施策にチャレンジするとしている。

制度活用の促進や新たな施策を実施
『テレワーク・デイズ』は、総務省などが2017年より展開している取り組み。2020年の東京五輪開会式にあたる7月24日をコア日「テレワーク・デイ」として設定し、テレワーク実施による「働き方改革」を推進している。

TISは今後も、社員が働きやすい環境づくりを推進すべく、制度活用の促進や新たな施策を実施するとしている。

(画像はTISの公式ホームページより)


外部リンク

テレワーク・デイズ2019に特別協力団体として今年も参加 - TIS株式会社
https://www.tis.co.jp/news/2019/tis_info/20190705_2.html

  • このエントリーをはてなブックマークに追加