• TOP
  • >
  • 働き方
  • >
  • デージーネット、リモートワーク用ソフト「Apache Guacamole」日本語版を無償提供
2019-07-05 07:30

働き方

デージーネット、リモートワーク用ソフト「Apache Guacamole」日本語版を無償提供

リモートワーク
リモートワークを安全に行うためのOSS
株式会社デージーネットは、2019年7月2日、リモートワーク用ソフトウェア『Apache Guacamole』日本語版の無償提供を開始した。

デージーネットは、OSS(オープンソースソフトウェア)を利用したゲートウェイサーバの提案・構築を手がける企業。『Apache Guacamole』は、リモートワークを安全かつ効率的に行うためのOSSであり、この無償提供により同社は「働き方改革」を推進するとしている。

「サボり」の回避にも貢献
『Apache Guacamole』では、WEBブラウザから「リモートデスクトップ」を利用することができる。「リモートデスクトップ」は、自分のコンピュータから別のコンピュータのデスクトップを操作する機能のこと。遠隔地からでも社内のパソコンを利用できるため、リモートワークには最適な機能となっている。

同ソフトでは、管理者側がネットワーク内のアクセスを細かく設定できる。また利用者は、自身の端末に特別なソフトウェアを入れる必要がない。既存のリモートデスクトップのメリットを持つと同時に、セキュリティ強化につながる特徴を持つOSSとなっている。ログや動画で記録も残るため、リモートワークで課題となる「サボり」の回避にも貢献している。

入手方法についてもドキュメントとして公開
これまで『Apache Guacamole』は、インターフェースが日本語化されていなかった。そのため日本での普及は進んでいなかったが、デージーネットは同ソフトの性能を高く評価。日本語版を無償提供すると共に、入手方法や日本語化の方法についてもドキュメントとして公開している。

なお同社は、『Apache Guacamole』は利用したゲートウェイサーバの提案・構築も今後は実施。導入後サポートも提供するとしている。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

リモートワーク用のソフトウェア「Apache Guacamole」、 日本語版を無償提供開始 - 株式会社デージーネット
https://www.designet.co.jp/info/?id=314

  • このエントリーをはてなブックマークに追加