TOP > 働き方 > オンラインストレージのFleekdrive、「テレワーク・デイズ2019」に応援参加
2019-07-01 07:07

働き方

オンラインストレージのFleekdrive、「テレワーク・デイズ2019」に応援参加

テレワークに係るソフトウェアの提供を行う

株式会社Fleekdriveは、2019年6月26日、『テレワーク・デイズ2019』に実施団体および応援団体として参加すると発表した。

企業向けオンラインストレージサービス『Fleekdrive』を提供している企業。『テレワーク・デイズ2019』において同社は、従業員を対象としてテレワークを実施すると共に、テレワークに係るソフトウェアの提供も行う。

オンラインストレージサービス『Fleekdrive』

Fleekdriveが提供している『Fleekdrive』は、企業が保有する情報資産の有効活用を、社内外を問わず実現するオンラインストレージサービス。同サービスでは、ファイルの管理・共有に加え、リアルタイムにチャットでコミュニケーションも可能。テンポよい作業を実現することで、在宅勤務やテレワーク、サテライトオフィスとのやりとりを支援している。

今回同社が参加を発表した『テレワーク・デイズ2019』は、2020年東京オリンピックにおける混雑緩和を目的として、テレワークの一斉実施を呼びかける取り組み。 総務省や内閣府などが、東京都および関係団体と連携する形で、2017年より展開されている。

『Fleekdrive』の30日間無料試用を実施

『テレワーク・デイズ2019』への参加としてFleekdriveは、『Fleekdrive』の30日間無料試用を実施する。場所・時間の制約から解放されたファイル共有・管理体験を提供することで、テレワーク推進を応援するとしている。

また同社は、『Fleekdrive』を活用したテレワーク導入セミナーも、7月18日に開催予定。同セミナーによって、「ノウハウの提供」の面でも『テレワーク・デイズ2019』を応援するとしている。

(画像はプレスリリースより)

外部リンク

「テレワーク・デイズ2019」に実施団体、応援団体として参加 – 株式会社Fleekdrive
https://www.fleekdrive.co.jp/news/20190626.html

  • このエントリーをはてなブックマークに追加