• TOP
  • >
  • 働き方
  • >
  • 転職活動者が求める休暇の理想と現実・リアルな回答は「3日以内」
2019-07-13 07:30

働き方

転職活動者が求める休暇の理想と現実・リアルな回答は「3日以内」

長期休暇
リクナビNEXTの転職者調査
株式会社リクルートキャリアは、転職活動者の休暇希望や理由などを調査、結果を7月10日に公開した。長期休暇を欲しながらも、実態は「3日未満」を取得する人が多くいることが明らかになった。

求めるのは3~5日、実際に取得できるのが3日以内
同調査は、『リクナビNEXT』の登録ユーザー744名のうち、「長期休暇は必要」と回答した653人の結果を集計している。

長期休暇を必要とする日数と、実際に取得した日数を男女別に比較。「3~5日」を必要とした男性は46.0%、実際の取得は33.7%。女性は42.1%で取得は27.5%。「6~9日」は男性31.0%で実際の取得は24.6%、女性は32.9%で取得は20.7%であった。

「3日以内」を必要とした人は男性も女性も5%未満だが、実際に取得している割合は男性が35.1%、女性が45.6%と多い結果となっている。

男性は家族のため、女性は家庭の用事のため
長期休暇が必要な理由は、「精神的な休息」が男女とも8割、「身体的な休息」が7割以上。ほかにも男性は「家族との時間」が女性より19.4ポイント高く、女性は「普段できない家庭の用事」が男性よりも11.4ポイント高い。

転職活動の中で、長期休暇についてどのような情報を知りたいか聞いたところ、休暇の種類やその会社での長期休暇の取得実績、会社・部署ごとの取り組みなど、様々な情報を求めていることが分かった。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

リクルートキャリアのプレスリリース
https://www.recruitcareer.co.jp/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加