• TOP
  • >
  • 働き方
  • >
  • 最大のメリットは「生産性向上」!TeamSpiritがテレワーク調査を実施
2019-07-13 18:00

働き方

最大のメリットは「生産性向上」!TeamSpiritがテレワーク調査を実施

テレワーク
『TeamSpirit』ユーザ企業200社が回答
​株式会社チームスピリットは、テレワークに関する調査アンケートを実施し、その結果概要を2019年7月9日に発表した。

同社は、勤怠管理や社内SNSなどの業務を一元化するクラウドサービス『TeamSpirit』を展開している企業。同調査は、『TeamSpirit』ユーザ企業を対象として同年5月中旬に実施され、200社より回答を得ている。

実施のメリットと、実施していない理由
同調査では、テレワークを実施している企業に対して、テレワークのメリットについて質問。結果は、「生産性向上」と言う回答が66%を占めてトップとなった。次点には、62%の「多様な人材の確保」、46%の「社員の仕事へ対するモチベーションの向上」などが並んでいる。

テレワークを実施していない企業に対しては、その理由が訊ねられた。結果は、「労務管理上の難しさ」が54.95%を占めて1位になっている。次点には、41.76%の「情報セキュリティ上の問題」、35.16%の「会社としての一体感・コミュニケーション低下への不安」が、それぞれ入った。

「テレワークに対する意識改革」を推進
なお、テレワークの実施そのものの状況については、『TeamSpirit』ユーザ企業では49.5%が「実施している」と回答した。国土交通省や総務省の調査では、テレワーク実施企業が全体の10%前後であったことと比較し、『TeamSpirit』はテレワークとの親和性が高いとチームスピリットは自負している。

同社は今回の調査結果を受け、今後さらに多くのクライアントが安心してテレワークを実施できるよう、「情報セキュリティ対策」および「テレワークに対する意識改革」を推進するとしている。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

「TeamSpirit」利用者にテレワークに関するアンケートを実施 - 株式会社チームスピリット
https://corp.teamspirit.com/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加