• TOP
  • >
  • 働き方
  • >
  • ノボ、2019年度「テレワーク・デイズ」に参加。「スムーズビズ」取り組みも開始
2019-07-14 18:00

働き方

ノボ、2019年度「テレワーク・デイズ」に参加。「スムーズビズ」取り組みも開始

テレワーク・デイズ
ノボ ノルディスク社の日本法人
ノボ ノルディスク ファーマ株式会社(以下「ノボ」)は、2019年7月11日、2019年度の『テレワーク・デイズ』に参加すると発表した。

同社は、糖尿病ケアの革新をリードしてきたノボ ノルディスク社の日本法人。『テレワーク・デイズ』は、総務省などが主催する「働き方改革」の国民運動であり、ノボは同運動への参加と同時に『スムーズビズ』への取り組みも開始する。

2018年1月からテレワーク制度を本格導入
ノボは2017年、『柔軟な働き方推進プロジェクト』を立ち上げた。同プロジェクトは、多様なニーズを持つ社員が働き続けることができる環境を整備するためのもの。プロジェクトの一環として、2018年1月からはテレワーク制度を本格導入し、2019年5月には柔軟なフレックス勤務も可能になっている。

同社のテレワーク制度導入は、2017年の『テレワーク・デイ』参加をきっかけとして実施された。『テレワーク・デイ』は、東京2020大会時の混雑緩和および「働き方改革」の推進を目的として、同年より開始されている国民運動。2019年度『テレワーク・デイズ』は、7月22日から9月6日にかけてテレワークの一斉実施を呼びかける。

7月24日には100名以上の参加を目指す
2019年度の『テレワーク・デイズ』においてノボは、特別協力団体として参加する。期間中は積極的なテレワークの活用を推奨し、コア日である7月24日には100名以上の参加を目指すという。

同社はまた、『時差Biz』と『2020TDM推進プロジェクト』へも参加することで、『スムーズビズ』に取り組むことを表明。新しいワークスタイルや企業活動の東京モデルを、社会に定着させるとしている。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

「スムーズビズ」に取り組み、柔軟な働き方の推進に貢献 - ノボ ノルディスク ファーマ株式会社
https://www.novonordisk.co.jp/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加