• TOP
  • >
  • 働き方
  • >
  • ベルシステム24、3年連続で「テレワーク・デイズ」参加を決定
2019-07-11 18:00

働き方

ベルシステム24、3年連続で「テレワーク・デイズ」参加を決定

テレワーク
テレワークの推進運動『テレワーク・デイズ』
株式会社ベルシステム24は、2019年7月2日、テレワークの推進運動『テレワーク・デイズ2019』に参加すると発表した。

ベルシステム24は、CRMソリューションに関するアウトソーシングサービスなどを展開している企業。『テレワーク・デイズ』は、2020年に行われる東京五輪における混雑緩和などを目的として開催されているテレワーク推進運動であり、同社は3年連続で参加することなる。

「テレワーク先駆者百選」として認定
ベルシステム24は、1982年にコールセンターのアウトソーシング受託サービスを開始して以来、コンタクトセンター業界におけるCRMのスタンダードモデルを創出してきた。約3万人の社員が、消費者との「対話力」と、それをサポートするテクノロジーを磨き上げることで、「新たなCRM」「真のCRM」の提供を目指している。

同社は、「イノベーションとコミュニケーションで社会の豊かさを支える」を企業理念としており、よりよい就労環境の整備や従業員満足度の向上も図ってきた。多様な人材が楽しく安心して働ける職場の創出にも取り組み、その一環としてテレワークも推進。「テレワーク先駆者百選」として、総務省からも認定されている。

「モバイルワーク推奨期間」を設定
『テレワーク・デイズ』は、総務省や東京都などが連携して開催す運動であり、7月24日を「テレワークデイ」と定めてテレワークの全国一斉実施を呼びかけている。

今回の参加においてベルシステム24は、オリンピック期間は首都圏近郊からの通勤者、パラリンピック期間は首都圏以外からの通勤者を対象として、「モバイルワーク推奨期間」を設定するとしている。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

「テレワーク・デイズ2019」に3年連続で参加 - 株式会社ベルシステム24
https://www.bell24.co.jp/ja/whatsnew/release/2019/0702.html

  • このエントリーをはてなブックマークに追加