• TOP
  • >
  • 働き方
  • >
  • 音楽による「働き方改革」。ビジネスSNSのウォンテッドリー、仕事に集中できる音楽を開発へ
2019-07-17 07:30

働き方

音楽による「働き方改革」。ビジネスSNSのウォンテッドリー、仕事に集中できる音楽を開発へ

働き方改革
「超集中状態」へ導く『ENERGY MUSIC PROJECT』
ウォンテッドリー株式会社は、2019年7月9日、「聴けば仕事に集中しやすくなる音楽“ENERGY MUSIC”」の開発を行うプロジェクト『ENERGY MUSIC PROJECT』を開始すると発表した。

同社は、ビジネスSNS『Wantedly』の運営などを手がける企業。同プロジェクトでは、音楽グループ・m-floや集中力研究の第一人者などと共に、ビジネスパーソンを「超集中状態」へ導く楽曲の開発を目指すという。

集中を妨害している「マルチタスク」環境
現在の日本では、「働き方改革」の促進により、電話の他にもメールやチャットツールなど多く活用されるようになった。しかしウォンテッドリーは、常時ネットに繋がってチャットやメールが飛び交う「マルチタスク」な環境が、ビジネスパーソンの集中を妨害している可能性を指摘。こうした環境においても集中力を高めるべく、『ENERGY MUSIC PROJECT』の開始に至った。

同プロジェクトでは、集中力向上における音楽の可能性に着目。集中力研究の第一人者であるJINS MEME・井上一鷹氏と、集中力に寄与する音響研究の第一人者であるKANSEI Projects Committee・榎本誠也氏が、m-floと共に集中力を高める作業用BGM「ENERGY MUSIC」を作成する。音楽の力で、これまでにない日本人の「働き方改革」を目指すという。

「シゴトでココロオドル人をふやす」
『ENERGY MUSIC PROJECT』では、まず全国4万人のビジネスパーソンを対象として、仕事・集中・音楽に関する調査を実施。その結果から、集中に関する音楽を収集し、ウォンテッドリー社員を対象として実験を行う。実験結果を参考として試作曲を作成・公開し、SNSなどの意見によってブラッシュアップを行った後、「ENERGY MUSIC」は公開される予定となっている。

ウォンテッドリーは今後も、「シゴトでココロオドル人をふやす」というミッションを掲げ、サービスを展開するとしている。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

音楽の力で「シゴトでココロオドルひとをふやす」"ENERGY MUSIC PROJECT" を開始 - ウォンテッドリー株式会社
https://www.wantedly.com/

音楽を用いたこれまでにない働き方改革 ENERGY MUSIC PROJECT開始 - PR TIMES
https://prtimes.jp/main/html/rd/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加