• TOP
  • >
  • 働き方
  • >
  • レッドフォックス社長、OGCデジタル・ガバメント分科会にて「本当の働き方改革」を説く
2019-08-07 18:00

働き方

レッドフォックス社長、OGCデジタル・ガバメント分科会にて「本当の働き方改革」を説く

働き方改革
『cyzen』を展開しているレッドフォックス
レッドフォックス株式会社は、2019年7月31日、オープンガバメントコンソーシアム(以下「OGC」)のデジタル・ガバメント分科会にて、同社代表取締役社長・別所宏恭氏が講師として登壇したと発表した。

レッドフォックスは、「働き方改革」アプリである『cyzen』を展開している企業。OGCは、行政のデジタルシフト支援などを行う団体であり、6つの分科会を開催している。

雑務の時間を減らして付加価値の高い業務に従事
登壇した別所氏は、「本当の働き方改革」についてのレクチャーを行った。

別所氏は、労働者1人あたりの生産性向上が「働き方改革」において最も重要であると力説。日本の労働生産性は、OECD諸国と比較してもかなり低いが、同時に「伸びしろ」という点では可能性があるとも指摘。そして、「伸びしろ」を伸ばす、すなわち生産性向上を図るには、雑務の時間を減らして付加価値の高い業務に従事することが必要であると考える。

最先端のITツールは、無駄な会議や報告、また人間が手作業で行っている事務処理などの効率化を可能にする。今後はこれらツールの有効活用が必要になると、別所氏は語った。

分科会は、2019年7月30日に開催された
OGCは、電子政府および電子自治体をオープンなクラウド技術で実現することを目指し、2009年に設立された団体。関係省庁や地方自治体への提言を行うと共に、近年は実践的活動の展開も開始した。分科会は、デジタル・ガバメント分科会の他に、都市OS分科会や高度IT人材育成分科会などが設定されている。

なお、別所氏が登壇したデジタル・ガバメント分科会は、2019年7月30日に開催された。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

社長が、オープンガバメントコンソーシアムに登壇いたしました - レッドフォックス株式会社
https://www.redfox.co.jp/newsrelease/ogc190730

本当の働き方改革とは? ×今の働き方を改善 〇新しい働き方を創造 - PR TIMES
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加