• TOP
  • >
  • 働き方
  • >
  • 「働き方改革」をリード。オフィス診断サービス「ワークプレイス・ドック」提供開始
2019-07-31 18:00

働き方

「働き方改革」をリード。オフィス診断サービス「ワークプレイス・ドック」提供開始

ワークプレイス・ドック
オフィスのあり方を見直す企業に向けて
株式会社オカムラは、2019年7月29日、オフィス診断サービス『ワークプレイス・ドック』の提供を開始した。

同サービスは、「働き方」とオフィスの課題を明確にするための各種調査を、パッケージ化したもの。「働き方改革」の一環としてオフィスのあり方を見直す企業が増えている昨今の状況に対応すべく、提供するものだという。

「オフィスづくりの専門家」として「診断」
オカムラは、スチール家具全般の製造・販売などを展開している企業。事務所の環境向上および事務・生産効率向上に関する情報の提供も手がけており、1980年からは「働き方」や「働く空間」に関する調査・研究も続けてきた。

昨今盛り上がりを見せている「働き方改革」についても同社は、オフィス環境や組織環境の「見える化」による「改革」推進を企図。「改革」について「どこから手を付けていいのかわからない」と悩む企業に対して、「オフィスづくりの専門家」として「診断」を行うべく、『ワークプレイス・ドック』の提供開始に至った。

最適なソリューションを提供
『ワークプレイス・ドック』では、無料のウェブアンケート「O-SCORE」を実施した後に、その結果からオフィスの問題点を「スマート診断(効率性診断)」などによって分析。「診断」結果は、移転や改装などで新オフィスを構築する際に、指針・コンセプト・実際のレイアウト設計などに活用できる。

オカムラは今後も、「働き方改革」をリードしていくトータルソリューション企業として、最適なソリューションを提供するとしている。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

働き方とオフィスの課題を明確にするオフィス診断サービス「ワークプレイス・ドック」を提供 - 株式会社オカムラ
http://www.okamura.co.jp/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加