• TOP
  • >
  • 働き方
  • >
  • ジローレストランシステム、「働き方改革」として33店舗に店休日を設定
2019-08-16 18:00

働き方

ジローレストランシステム、「働き方改革」として33店舗に店休日を設定

働き方改革
「働き方改革」に伴う労働時間短縮が目的
ジローレストランシステム株式会社は、2019年8月13日、同社運営店舗のうち計33店舗において店休日を設定すると発表した。

同社は、レストラン経営による飲食事業や洋菓子・パンの製造販売事業を展開している企業。店休日の設定は、「働き方改革」に伴う労働時間短縮を目的とするものであり、ロードサイド店舗を中心とする形で実施される。

社員の情熱・モチベーションを最大限に活用
ジローレストランシステムは、1955年に開業した東京・神保町のシャンソン喫茶『ジロー』を出発点として、事業を開始した。1960年代にオープンしたピザハウス『ジロー』が爆発的ヒットとなり、1970年代には郊外型レストランチェーンも展開。1990年代以降は海外のレストランとの業務提携を開始し、イタリア料理を中心として新しい店舗ブランドを日本に紹介している。

同社は、「本物の料理と飲み物を提供する」「心のこもったおもてなしをする」「楽しい雰囲気をつくり出す」という3つのテーマを掲げ、時代のニーズに応える食文化の提案を企図。そのため、接客・料理にこだわる社員の情熱・モチベーションを最大限に活用し、フレッシュな店舗ブランドを常に生み出している。

店舗スタッフのリフレッシュが図られる
ジローレストランシステムにおいて、「働き方改革」に伴い店休日が新たに設定されるのは、『ロマンツァ銀座店』『パレルモ池袋店』『ジロー珈琲羽村店』など33店舗。休日の日程は、繁忙期後となる「成人の日の翌日」「ゴールデンウィーク明けの初日」と定められ、労働時間の短縮および店舗スタッフのリフレッシュが図られるという。

同社は今後も、従業員の労働環境改善を通じて、顧客のサービス向上に努めるとしている。

(画像はジローレストランシステムの公式ホームページより)


外部リンク

ジローレストランシステム株式会社
https://www.giraud.co.jp/

「働き方改革」に伴い店休日を設定 ジローレストランシステム株式会社 - PR TIMES
https://prtimes.jp/main/html/rd/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加