• TOP
  • >
  • 働き方
  • >
  • 「ほとんどできていない」が60%!分かっていても難しい貯金への意識
2019-08-18 07:30

働き方

「ほとんどできていない」が60%!分かっていても難しい貯金への意識

貯金
貯金についての実態調査
ベースメントアップス株式会社は、「貯金はどのくらい貯まっていますか?」の調査結果を8月9日に発表。老後の資金が懸念される中、ほとんど貯金できていないという人は、全体の60%を占めている。

「ほとんどできていない」60%
同社では、『退職の前に読むサイト』で仕事に関する意識調査を行っており、テーマごとに結果を報告している。今回は「貯金」についてで、社会人148名の回答を集計している。

「貯金はどのくらい貯まっていますか」という質問には、「ほとんど貯金できていない」という回答が最も多く60%であった。100万~499万円は21%、1,000万円以上は12%、500万から999万円は11%となっている。

老後資金2,000万円、消費税アップ
金融庁は、老後の資金は2,000万円必要になるだろうと発表している。10月の消費税増税でさらに出費が増えることが予想されるが、社会人の半数以上が貯金をせずに暮らしていることが明らかになった。

レポートでは、日本の平均年収、平均貯金額、世代別の貯金目安、コツコツと貯めるための有効な貯金方法などを紹介している。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

ベースメントアップスのプレスリリース(PRTIMES)
https://prtimes.jp/000000022.000045126.html

『退職前に読むサイト』公式サイト
https://taisyokuagent.com/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加