• TOP
  • >
  • 働き方
  • >
  • 転職でも起業でもない「新たな道」。個人による会社買収の意向調査
2019-09-19 18:00

働き方

転職でも起業でもない「新たな道」。個人による会社買収の意向調査

会社買収
会社買収を考える人が増加している
株式会社ALIVALは、個人による会社買収の意向調査を実施し、その結果概要を2019年9月17日に発表した。

同社は、中小企業のM&Aに特化したプラットフォーム『M&Aナビ』の運営などを手がける企業。同調査は、副業解禁や「働き方改革」といった動きの中で、転職でも起業でもない「新たな道」として企業買収を考える人が増加していることを受け、実施されている。

きっかけは、「経営者になりたいから」
同調査は、『M&Aナビ』に登録している個人ユーザー148名を対象として実施された。

調査ではまず、会社買収に興味を持ったきっかけを質問。結果、「経営者になりたいから」という回答が68名で最多となった。次点には、46名の「純投資したいから」、40名の「会社を安く買えると聞いたから」などが並んでいる。

買収予算を訊ねると、「300~500万円」と「501~1000万円」という回答が、共に28.4%で最多となった。なお、1000万以内で買収を検討している人の割合は、全体の約65%にまで達している。

買収したい業種、トップは「小売・サービス業」
調査では、買収したい業種についても訊ねている。結果は、「小売・サービス業」が64%を占め、圧倒的な首位に立った。次点には、31%で「飲食業」が、30%で「IT・ソフトウェア業」が、それぞれ入っている。

この業種の結果についてALIVALは、手がける事業にわかりやすさや親近感がある業種の方が、個人の場合は好まれる傾向が見受けられると考察している。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

「個人での会社買収の意向調査」を実施いたしました - 株式会社ALIVAL
https://ma-navigator.com/notices/5

  • このエントリーをはてなブックマークに追加