TOP > ニュース > ONE X、兼業・プロボノマッチングプラットフォーム「ふるさと兼業」を共同推進
2019-09-23 18:09

ニュース

ONE X、兼業・プロボノマッチングプラットフォーム「ふるさと兼業」を共同推進

「働き方」の多様化実現を目的として

実行団体ONE Xは、2019年9月19日、NPO法人G-netが運営する兼業・プロボノマッチングプラットフォーム『ふるさと兼業』を共同推進すると発表した。

ONE Xは、一般社団法人ONE JAPANの若手部門であり、主に大企業の若手社員により構成された実行団体。『ふるさと兼業』の推進は、「働き方」の多様化実現を目的として実施されるもの。

ONE XとG-net、そして『ふるさと兼業』

ONE Xは、地方を基軸にした共創型実行団体。課題を発見して仮説を立てる場『TOY スクランブル』や、課題解決の検証の場『地方共創 Project』などを、様々な分野の人々と共に進めている。

同団体は、リモートワーク・副業・兼業へのリテラシー向上は、現時点においてもまだ浅いと判断。この課題の解決を図る中で、G-netの『ふるさと兼業』に注目した。

G-netは、岐阜を拠点として人材育成を通じた地域活性に取り組むNPO法人。『ふるさと兼業』は、故郷など関心ある地域や事業に、兼業・プロボノという形で参画できるマッチングプラットフォーム。

地域の受け入れ企業と兼業参加者を繋げる

ONE XとG-netによる『ふるさと兼業』の共同推進では、地域の受け入れ企業と兼業参加者を繋げるコーディネートが行われる。また、このコーディネートを通じて得られたノウハウも活用し、「新しい働き方」のさらなる推進も目指すという。

なおONE Xは、2019年9月29日に秋葉原UDXで開催される『ONE JAPAN CONFERENCE 2019』において、『ふるさと兼業』の共同推進について発表を行う予定。

(画像はプレスリリースより)

外部リンク

ONE X – Facebook
https://www.facebook.com/onexxxx/

大企業若手有志団体ONE X と NPO法人G-netが協業を開始 – @Press
https://www.atpress.ne.jp/news/193577

  • このエントリーをはてなブックマークに追加