• TOP
  • >
  • 働き方
  • >
  • 感謝、それとも不満?若手社員の上司に対するホンネとは
2019-10-10 07:30

働き方

感謝、それとも不満?若手社員の上司に対するホンネとは

上司
「上司との距離感」リサーチ
サイボウズ株式会社のサイボウズ チームワーク総研は、「令和に求められる上司との距離感」についての調査結果を10月8日に発表。上司に対する評価を100点満点にすると、平均は68点となった。

上司への評価、平均は68点
同調査は、上司に感謝を伝える日となっている10月16日(ボスの日)を前に、入社5年以下の20代ビジネスパーソン400名を対象に実施。課長クラス以上の上司に対する意識を明らかにしている。

直属の上司の点数は、平均68点。最も点数が高かったのが「80-89点」で26.9%、次いで「70-79点」が17.2%、「90-99点」13.8%、「60-69点」が13.6%となっている。

上司への高い評価は、「上司の方からも、挨拶をしてくれる」が53.6%、「仕事に関係のない話も結構する」が47.3%、「普段から話を聞いてくれる」は43.4%、「現場のために協力してくれる」は38.1%となった。

ほかにも、「成長の機会を作ってくれる」「アドバイスが的確」なども3割を超え、部下のことを考えた行動をとっていることが分かる。

職場での上司に求めるもの
上司との距離感については、「どちらかというと上司の方から話しかけてくれる関係が好ましい」との回答が78.4%であるが、業務時間外の関わりは「遠慮したい」という回答が6割となっている。

調査ではほかにも、上司へ伝えたいコメントなども掲載されている。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

サイボウズ株式会社のプレスリリース
https://teamwork.cybozu.co.jp/blog/kyorikan.html

  • このエントリーをはてなブックマークに追加