• TOP
  • >
  • 働き方
  • >
  • ヤマハ、遠隔コミュニケーションを快適にする「YVC-330」を11月下旬発売
2019-10-08 18:00

働き方

ヤマハ、遠隔コミュニケーションを快適にする「YVC-330」を11月下旬発売

遠隔コミュニケーション
場所を選ばずチームコラボレーションを可能に
ヤマハ株式会社は、2019年10月7日、オフィスの遠隔コミュニケーションを快適にするユニファイドコミュニケーションスピーカーフォン『YVC-330』を、同年11月下旬に発売すると発表した。

『YVC-330』は、快適な会話を実現する新技術『SoundCap』を搭載することで、場所を選ばずチームコラボレーションを可能にするスピーカーフォンとなっている。

新開発の音声信号処理技術『SoundCap』
近年、多様な「働き方」が浸透するに連れて、遠隔会議システムを導入する企業も増えてきた。在宅勤務や遠隔地で働く同僚と効果的に業務を進めるには、テレビ会議やWeb会議といったソリューションは「なくてはならないもの」となる。また、チームコラボレーションの誘発を目指してオープンスペースを導入する企業も、これらソリューションを活用する場合が多い。

『YVC-330』は、こうした新しい「働き方」やオフィス空間の変化に対応するスピーカーフォンとして開発された。同製品は、新開発の音声信号処理技術『SoundCap』の活用により、雑音抑制と発話者音声の明瞭な識別を実現。環境音が多いオープンスペースから小・中規模の会議室まで、あらゆるシチュエーションで快適な遠隔会話体験を可能にしている。

多様なインターフェースを備える
『YVC-330』は、USBケーブルでPCなどと接続すると、Plug-and-Playですぐに使用が可能となるため、専用ドライバーが必要ない。USBの他も、Bluetoothなど多様なインターフェースを備え、スマートフォンやタブレット、またビデオ会議システムなどとも接続できるという。また、オプションの連結ケーブルを使用すると、10名規模の遠隔会議にも対応できる。

『YVC-330』は、税別価格60000円で11月下旬発売予定。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

ユニファイドコミュニケーションスピーカーフォン『YVC-330』 - ヤマハ株式会社
https://www.yamaha.com/ja/news_release/2019/19100701/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加