• TOP
  • >
  • 働き方
  • >
  • 働き方改革から半年、働き手のホンネは「変わらない」7割
2019-10-07 18:00

働き方

働き方改革から半年、働き手のホンネは「変わらない」7割

働き方改革
働き方改革は進んでいるのか
株式会社ワークポートは10月3日、『働き方改革開始半年後の評価』についての調査結果を発表。「会社の制度やルール」が変化したとの回答は4割、「自身の働き方」は変わっていないとの回答が7割だ。

「改善された」10.2%、「悪化した」が16.2%
調査は、同社の転職エージェントを利用している264人に行った。「働き方改革」が施行されて半年が経つが、自身の働き方が「改善された」と回答したのは10.2%、「変わらない」が73.1%、「悪化した」は16.7%で改善された人を上回った。

開始前、働き方改革に「とても期待していた」「期待していた」のは21.9%。「期待していなかった」「全く期待していなかった」は56.0%、「どちらでもない」が22.0%だ。

現在、働き方改革に「満足している」「とても満足している」と回答した人は合わせて6.9%、「満足していない」「全く満足していない」は63.6%、「どちらでもない」は29.5%であった。

施行前の期待感は約2割であったのに対し、現状に満足している人は10%に満たないことが明らかになっている。

今後への期待感も2割に留まる
さらに今後の働き方改革に「とても期待している」「期待している」人は21.2%、「期待してない」「全く期待していない」53.4%。

調査報告では、残業時間の削減や有給の取得が取り組まれているが、業務効率や社内環境が改善されておらず、働き手に良い影響ばかりではないと分析している。

(ワークポート調べ)

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

株式会社ワークポートのプレスリリース
https://www.workport.co.jp/corporate/news/detail/698.html

  • このエントリーをはてなブックマークに追加