• TOP
  • >
  • ニュース
  • >
  • 多様な働き方に寄り添う請求管理ソフト「MakeLeaps」、グッドデザイン賞獲得
2019-10-07 18:00

ニュース

多様な働き方に寄り添う請求管理ソフト「MakeLeaps」、グッドデザイン賞獲得

MakeLeaps
副業やフリーランスなど多様な働き方に寄り添う
メイクリープス株式会社は、2019年10月2日、同社が展開しているサービス『MakeLeaps』が2019年度『グッドデザイン賞』を受賞したと発表した。

『MakeLeaps』は、バックエンド業務を支援することで、 副業やフリーランスなど多様な働き方に寄り添うクラウド型請求管理ソフト。『グッドデザイン賞』は、「発見」を社会と共有するための表彰制度として、公益財団法人日本デザイン振興会が主催している。

請求処理作業を簡単に行えることが肝要
日本の企業では、請求業務に多大な労力を割いている企業が、今でも少なくない。しかし今後は、こうしたバックエンド業務を効率的に行えることが、企業にとっては重要となる。また、副業やフリーランスなど促進する際にも、この効率化は欠かせない。請求処理に関わる作業を簡単に行えることが肝要であるとメイクリープスは考え、『MakeLeaps』を開発した。

『MakeLeaps』では、インターネット環境さえあれば、帳票データの共有および場所を選ばない作業が可能。帳票伝票の作成・送付から入金管理に至るまでの作業工数について、削減を実現する。また、法人取引に特化した多彩な機能を提供すると共に、営業支援ツールや決済代行サービスなどとも多数連携している。

フリーランスから大企業までビジネスを支援
『グッドデザイン賞』において『MakeLeaps』は、請求処理作業を誰もが行えるよう細かく作り込まれた点が、高く評価された。また、個人事業主などでも使いやすい価格帯に設定されたことも評価され、今回の受賞に至ったという。

メイクリープスは今後も、フリーランスから大企業までビジネスを支援できるソフトウェアの開発を行うとしている。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

MakeLeaps - メイクリープス株式会社
https://www.makeleaps.jp/

2019年度 グッドデザイン賞受賞 多様な働き方に寄り添うクラウド型請求管理ソフト - dreamnews.jp
https://www.dreamnews.jp/press/0000202757/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加