TOP > 働き方 > 「働き方解放区」のワークプレイス&レジデンス。「co-ba ebisu」、12月開設
2019-10-17 18:10

働き方

「働き方解放区」のワークプレイス&レジデンス。「co-ba ebisu」、12月開設

全プランの募集および契約締結を開始

株式会社ツクルバは、2019年10月15日、ワークプレイス&レジデンス『co-ba ebisu』を同年12月に東京・渋谷にて開業すると発表した。

ツクルバは、「場の発明」を通じて「欲しい未来」の創造を目指している企業。『co-ba ebisu』は、「働き方解放区」をテーマとするワークプレイスであり、同日より全プランの募集および契約締結を開始している。

自らの働き方を自由に選べる「働き方解放区」

ツクルバは2011年、起業家やフリーランスが集うシェアードワークプレイスとして、『co-ba』の展開を開始した。同年には『co-ba shibuya』をオープンし、2018年にはスタートアップに特化した『co-ba jinnan』の運営も開始。また、全国22箇所にて『co-ba NETWORK』も展開し、多様な働き方を提供している。」

『co-ba ebisu』は、東京・渋谷エリアにおいて同社が直営する3つ目の施設となる。同施設では、働き手が自らの働き方を自由に選べる「働き方解放区」を、テーマに設定。フリーランスや起業家らが新しい価値を生み出す「場」を創造すると共に、社会を動かす「新しい働き方」のムーブメントが生まれることも期待しているという。

仕事場の概念を解放する「働き方」が可能

『co-ba ebisu』は、賃貸マンション『JP noie 恵比寿西』の1・2階に入居。1階はコワーキングエリアとなり、フリー席・ブース席・個室などとイベントスペースといった共用部で構成される。2階は20戸のレジデンスとなり、仕事場の概念を解放する「働き方」と「暮らし方」が可能だという。

なお、『co-ba ebisu』のコワーキングエリアは、月額33000円から利用が可能となっている。

(画像はプレスリリースより)

外部リンク

『働き方解放区』をテーマとした「co-ba ebisu」2019年12月にオープン – 株式会社ツクルバ
https://tsukuruba.com/press/post-2245

  • このエントリーをはてなブックマークに追加