• TOP
  • >
  • 働き方
  • >
  • 住宅ローンの通過率が低いフリーランスに「家賃が実る家」提供開始
2019-10-12 18:00

働き方

住宅ローンの通過率が低いフリーランスに「家賃が実る家」提供開始

住宅
譲渡型賃貸住宅『家賃が実る家』
リネシス株式会社は、2019年10月10日、同社より分社された株式会社Minoruが、株式会社NKC ASIAとの間で業務提携を締結したと発表した。

Minoruは、譲渡型賃貸住宅『家賃が実る家』を提供している企業。NKC ASIAは、2000人余りのフリーランスエンジニアを擁する企業。この提携では、フリーランスエンジニアへの『家賃が実る家』提供が図られる。

「家賃がマイホーム取得費用になる」
NKC ASIAに登録しているフリーランスエンジニアは、その大半が個人事業主であり、一般と比較して住宅ローンの通過率が低く推移していたという。同社はこの状況を課題視し、『家賃が実る家』を展開しているMinoruとの提携に至った。

Minoruの『家賃が実る家』は、その名の通り「家賃がマイホーム取得費用になる」という譲渡型賃貸住宅。既に7100名超の会員を擁しており、自治体と連携した移住定住施策の「住まい」の提供も担うなど、業界全体からも注目されている。

住宅ローン不通過者であっても申し込み可能
『家賃が実る家』における審査は、一般的な住宅ローン審査ではなく、アパートやマンションに入居する際に実施される賃貸の入居審査となる。住宅ローン不通過者であっても申し込みが可能であり、個人事業主の入居も容易となっている。

MinoruとNKC ASIAは『家賃が実る家』について、「フリーランスエンジニアの住宅取得」という課題の解決策になり得ると期待。NKC ASIAでは、10月上旬より入居募集が開始される。

(画像はMinoruの公式ホームページより)


外部リンク

リネシス株式会社
https://www.renesys.co.jp/

家賃が実る家 - 株式会社Minoru
https://minoru-house.jp/

株式会社NKC ASIA
https://www.nkc-asia.com/

『家賃が実る家』フリーランスエンジニア向けに譲渡型賃貸住宅の提供を開始 - PR TIMES
https://prtimes.jp/main/html/rd/p

  • このエントリーをはてなブックマークに追加