• TOP
  • >
  • 働き方
  • >
  • 11月はテレワーク月間、厚生労働省が「輝くテレワーク賞」を発表
2019-11-06 18:00

働き方

11月はテレワーク月間、厚生労働省が「輝くテレワーク賞」を発表

テレワーク
テレワーク活用の取り組みを評価
厚生労働省は11月のテレワーク月間に伴い、11月1日に令和元年度の「輝くテレワーク賞」の受賞者を決定・発表した。11月25日に表彰と併せてイベントを開催する予定だ。

優秀賞1社、特別賞4社、個人賞1名
同省は、テレワーク活用による労働者のワーク・ライフ・バランスを実現する企業・団体・個人を評価するための「テレワーク推進企業等厚生労働大臣表彰(輝くテレワーク賞)」を実施。

『優秀賞』に選ばれたのは1社で「大同生命保険株式会社」。『特別奨励賞』は、「株式会社キャスター」「投球株式会社」「株式会社リコー」「リコーITソリューションズ株式会社」の4社となった。

『個人賞』は、雇用型テレワークの普及・推進に貢献した個人について今年は該当者なし。テレワークによってワーク・ライフ・バランスを実現している労働者として、特定非営利活動法人チルドリン徳島の「角 香里」氏が選ばれた。

表彰とともにイベントを開催
同省は11月25日に東京・お茶の水ソラシティにおいて「『働く、が変わる』テレワークイベント」を開催し、表彰する。

また2020年に向けたテレワークの推進と展望について語る、パネルディスカッションを行う予定だ。イベントの申し込みは、専用ページで受け付けている。

(画像は厚生労働省の公式ホームページより)


外部リンク

厚生労働省のプレスリリース
https://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000203549_00004.html

  • このエントリーをはてなブックマークに追加