• TOP
  • >
  • ニュース
  • >
  • あなたの理想の年収は?金額から分かる社会人のホンネと現状
2019-11-01 07:00

ニュース

あなたの理想の年収は?金額から分かる社会人のホンネと現状

年収
社会人のホンネに迫る年収の理想と現実
ベースメントアップス株式会社の「退職の前に読むサイト」編集部は、2019年10月28日に『理想の年収』についての調査結果を発表。求める年収ごとの特徴を分析している。

理想の年収は「1,000万円以上」
同調査は、社会人179名のアンケート結果を集計。理想の年収を聞いたところ、「1,000万円以上」が65%で最も多い。次いで「600万円」が19%、「500万円」「400万円以下」が8%となった。

年収を上げたい理由は、「生活費が足りない」「買いたいものがある」「贅沢な暮らしをしたい」「子供のために」など、ゆとりある生活を求める人が多いが、中にはお金に関係なく、「年収が仕事のモチベーション」という回答もあった。

年収ごとに特徴を分析!現実的なのは600万円?
400万円台は、平成30年の国税庁にまとめられた民間給与実態調査の平均に合致しており、現状に満足していると言える。

500万円台は、業務責任は重くない傾向にあり仕事に対する満足度は高いものの、金額には満足していない。600万円は、70%が不満を感じなくなるというデータがあることから、現実的な理想であることが分かる。

同社の記事では、年収の高い人の特徴や、給料以外に収入を得られる手段として副業をすすめている。転職よりもリスクが低く、新たなスキルや経験につながるとしている。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

ベースメントアップスのプレスリリース(PRTIMES)
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000041.000045126.html

退職の前に読むサイト
https://taisyokuagent.com/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加