• TOP
  • >
  • 働き方
  • >
  • サービスの成長から見えてくる、社会を支える「ギグ・エコノミー」
2019-11-05 18:00

働き方

サービスの成長から見えてくる、社会を支える「ギグ・エコノミー」

ギグ・エコノミー
全国45万時間、8億円超え
アクシスモーション株式会社は10月31日、同社が展開するギグ・エコノミーサービスの成長をインフォグラフィックで紹介。国内8億円以上の新たな働き方を創出したと報告している。

ギグ・エコノミーサービスという働き方
同社は、単発の仕事を請け負う働き方、労働力を指す「ギグ・エコノミー」をマッチングする『spotgig』サービスを展開。慢性的な人手不足、人材の多様な働き方に対応している。

2019年7月で10期目を迎えたことから、『spotgig』サービスの成長をインフォグラフィックで紹介。年間発注件数は3年で70倍、登録者数は20,000人を超え、日本全国で45万時間、8億円以上規模の働き方を創出した。

報酬額のトップは、東京都・埼玉県・静岡県となり、関東地方の報酬額は4億4,000万円と半数を占めている。静岡県のある東海地方では、1億4,000万円となった。

サービスは全国で展開しており、関西地方は8,500万円、九州、沖縄地方は5,200万円、中国地方3,100万円、北陸地方2,600万円、東北地方が1,900万円となっている。

縛られない働き方で人材と企業をサポート
不動産業界からスタートしたサービスも、現在では自動車、ホテル、小売り、外食など様々な業界に提供し、ギグ・エコノミーの拡大を成功させている。

同社ではこれからも個人の働き方の多様化と企業・地域社会の活性化のためにサービスを強化していく予定だ。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

アクシスモーション株式会社のプレスリリース
https://axis-motion.co.jp/information/

アクシスモーションのプレスリリース(PRTIMES)
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000009.000023404.html

  • このエントリーをはてなブックマークに追加