• TOP
  • >
  • 働き方
  • >
  • 質の高い「働き方」を私服で実現。ダイドー、「カジュアルワーク」制度を導入
2019-11-01 07:00

働き方

質の高い「働き方」を私服で実現。ダイドー、「カジュアルワーク」制度を導入

カジュアルワーク
自然体でいられる服装で働く
ダイドーグループホールディングス株式会社(以下「ダイドー」)は、2019年10月30日、業務中の服装を自由化する『カジュアルワーク』制度を同年10月1日より導入したと発表した。

同制度は、自然体でいられる服装で働くことにより、従来以上に質の高い「働き方」を実現すべく導入されたもの。同制度によりダイドーは、「ワーク・ライフ・シナジー」の実現を目指すとしている。

最大限の力を発揮できる環境を創出
ダイドーはこれまでも、従業員一人ひとりが最大限の力を発揮できる環境の創出に向けて、様々な取り組みを行ってきた。2017年には、同社の主力商品である缶コーヒーにちなむ形で、休憩時間にコーヒーなどの飲用および15分間の昼寝を推奨する『カフェインナップ』制度を導入している。

また同社は、仕事に役立つスキルの向上を目指す従業員に対して支援を行うべく、2018年には『学習支援制度』も開始。同時に、健康維持やコミュニケーションの活性化を促進すべく、会社公式のクラブ活動を認定・支援する制度も、導入している。

柔軟で新たなアイデアの創出を目指す
今回ダイドーが導入した『カジュアルワーク』制度は、ビジネスウェア着用のルールを撤廃した上で、毎日カジュアルな服装での就業を可能にするもの。対象者は、制服が着用が必要な者を除く全ての同社従業員となっている。

この制度導入により同社は、従業員同士のコミュニケーション活性化や、柔軟で新たなアイデアの創出を目指すとしている。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

勤務時の服装を自由化する「カジュアルワーク」を導入 - ダイドーグループホールディングス株式会社
https://www.dydo.co.jp/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加