• TOP
  • >
  • 働き方
  • >
  • 長野のコワーキングスペース「富士見 森のオフィス」、宿泊交流棟をオープン
2019-11-28 18:00

働き方

長野のコワーキングスペース「富士見 森のオフィス」、宿泊交流棟をオープン

コワーキングスペース
ワーケーションに最適な『森のオフィスLiving』
Route Design合同会社は、2019年11月27日、同社が運営するコワーキングスペース『富士見 森のオフィス』にて宿泊交流棟『森のオフィスLiving』をオープンすると発表した。


『富士見 森のオフィス』は、長野県・富士見町にて同社が運営するコワーキングスペース/シェアオフィス。『森のオフィスLiving』は、同オフィスにおけるワーケーションに最適な宿泊施設として、開設されている。

ワーケーション利用のさらなる推進を企図
近年、「働き方」の多様化が推進される中で、ワーケーションに取り組む企業も増加しつつある。大学の保養所だった木造建築をリノベーションした富士見町の『富士見 森のオフィス』においても、ワーケーションに近い形での利用は増加。都心の企業が訪れ、周辺エリアの自然を満喫する形でアウトドアオフィスを展開することもあったという。

『富士見 森のオフィス』はそもそも、自由なワークスペース・会議室・食堂・キッチンを広々とした空間に備え、森に囲まれた庭やBBQスペースなども持つ。そのためRoute Designは、同施設におけるワーケーション利用のさらなる推進を企図。今回の『森のオフィスLiving』開設に至ったという。

都心と長野を行き来するワークスタイル
『森のオフィスLiving』は、4部屋で最大14名収容可能の宿泊施設。ツインベッドルーム2室にはKoalaマットレスを導入し、残り2室はドミトリータイプで安価な宿泊が可能。一棟貸し切りで利用した場合は、宿泊棟に加えてウッドデッキとコワーキングスペース側でも作業やミーティングを行うこともできる。

同施設によりRoute Designは、東京都心と長野を行き来するワークスタイルを提案するとしている。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

富士見 森のオフィス - Route Design合同会社
https://routedesign.net/works/21/

コワーキングスペース「富士見 森のオフィス」に宿泊交流棟がオープン - PR TIMES
https://prtimes.jp/main/html/rd/p

  • このエントリーをはてなブックマークに追加