• TOP
  • >
  • 働き方
  • >
  • 「セキュアSAMBA」、「はじめてテレワーク」補助金対象サービスに認定
2019-11-18 07:30

働き方

「セキュアSAMBA」、「はじめてテレワーク」補助金対象サービスに認定

テレワーク
クラウドストレージサービス『セキュアSAMBA』
スターティアホールディングス株式会社は、2019年11月14日、同社子会社のクラウドストレージサービス『セキュアSAMBA』が『はじめてテレワーク』の補助金対象サービスに認定されたと発表した。

『セキュアSAMBA』は、外出先からファイル利用・共有が行えるサービス。『はじめてテレワーク』は、公益財団法人東京しごと財団がテレワーク推進を目的として実施している補助金制度。

テレワークの環境構築経費や制度整備費を補助
スターティアレイズは、日本国内における労働力減少を社会課題と捉え、この課題を「働き方改革」により解決すべくクラウドストレージ事業やRPA関連事業を展開している。同社の『セキュアSAMBA』は、企業向けクラウドストレージサービスであり、「働き方改革」およびテレワーク導入の潮流を受け、導入企業は1850社に達した。

今回『セキュアSAMBA』を補助金対象サービスとして認定した『はじめてテレワーク』は、テレワークをトライアルするための環境構築経費や制度整備費を補助する制度。東京都が実施するテレワーク導入コンサルティングを受けた都内の中堅・中小企業が対象となる。

最大で110万円まで補助を受けることが可能
『はじめてテレワーク』の補助では、最大で110万円まで受けることが可能。『セキュアSAMBA』と共に、高セキュリティクラウドストレージサービスである『セキュアSAMBApro』も、今回対象サービスに認定されている。

スターティアホールディングスは今後も、「働き方の選択肢を増やす」というミッションの達成に向けて、中小企業の生産性向上に貢献するとしている。

(画像はスターティアホールディングスの公式ホームページより)


外部リンク

「セキュアSAMBA」が「はじめてテレワーク」において補助金対象サービスに認定 - スターティアホールディングス株式会社
https://www.startiaholdings.com/media/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加