TOP > 働き方 > ワークデスクの「働き方改革」。DMM、ワークスタイルが選択できるデスクを発売へ
2019-12-09 07:12

働き方

ワークデスクの「働き方改革」。DMM、ワークスタイルが選択できるデスクを発売へ

『蔦屋家電+』にて予約受付も開始

合同会社DMM.comは、2019年12月6日、ワークスタイルを自由に選択できる製品『DMM.make卓上昇降デスク』を2020年1月に発売すると発表した。

同製品は、ワークデスクの「働き方改革」を可能にすると同社が自負するもの。同日より、株式会社蔦屋家電エンタープライズの『蔦屋家電+』にて予約受付も開始されている。

普段使用しているデスクに置くだけ

DMM.comは、ビデオ通販や動画配信サイトから事業を開始し、現在は「領域とわず、なんでもやる」をモットーとして広範に事業を展開している企業。様々な人材を集めることで多種多様な事業に進出しており、またその挑戦を支えるべく新しい技術の獲得・開発も手がけるテックカンパニーとなっている。

同社が今回発売を発表した『DMM.make卓上昇降デスク』は、普段使用しているデスクに置くだけでワークスタイルの選択が可能になるというもの。限られたワークスペースの中でも、体調や状況に合わせて立ったり座ったりといった姿勢の変化ができるデスクとなっている。

正式発売日は、2020年1月23日

『DMM.make卓上昇降デスク』は、シングルタイプと、天板とキーボードトレーの分かれたデュアルタイプの2モデルを用意。ワークスペースに馴染みやすいシンプルなデザインを採用している点も、特徴となっている。

同製品の正式発売日は、2020年1月23日と予定されている。

(画像はプレスリリースより)

外部リンク

ワークデスクも働き方改革へ 『DMM.make卓上昇降デスク』 2020年1月23日より発売予定 – 合同会社DMM.com
https://dmm-corp.com/press/press-release/27686

  • このエントリーをはてなブックマークに追加