TOP > 働き方 > スマートワークブース「テレキューブ」、東武スカイツリーライン北千住駅にて設置
2019-12-23 07:12

働き方

スマートワークブース「テレキューブ」、東武スカイツリーライン北千住駅にて設置

沿線における「働き方改革」推進のため実施

株式会社ブイキューブは、2019年12月19日、スマートワークブース『テレキューブ』が東武スカイツリーライン北千住駅にて同年12月24日より設置されると発表した。

『テレキューブ』は、ブイキューブの関連会社であるテレキューブサービスが展開している、テレワークのための個室型スマートワークブース。設置は、同線沿線における「働き方改革」推進のために実施されるという。

移動中に生じる隙間時間の有効活用を推進

『テレキューブ』は、コンパクトな設計を採用することで、あらゆる場所への設置を可能にしたスマートワークブース。1.2m四方のスペースながら高い遮音性を備えた完全な個室を実現し、電源やUSBポートも持つ。セキュリティが保たれた静かな環境となっており、秘匿性の高い業務や外出先からのWEB会議の参加など、時間と場所にこだわらない「働き方」を可能にしている。

今回『テレキューブ』が設置されることになった北千住駅は、1日平均乗降人員が約45万人にもおよび、東武鉄道の他にも4線が乗り入れるジャンクション駅となっている。『テレキューブ』は、移動中に生じる隙間時間の有効活用を推進すべく、情報コミュニケーションが取れるテレワーク空間として整備されるという。

構内2階の北口コンコースに設置

北千住駅における『テレキューブ』は、同駅構内2階の北口コンコースに設置される。営業時間は、8:00から21:00まで。利用料金は、250円/15分となっている。利用は、会員登録後に専用サイトで予約をしてから行う。ただし利用者がいない場合は、即時利用も可能だという。

(画像はプレスリリースより)

外部リンク

12月24日より北千住駅に「テレキューブ」を設置します – 株式会社ブイキューブ
https://jp.vcube.com/news/group/20191219-1700.html

  • このエントリーをはてなブックマークに追加