TOP > 働き方 > クラウドソーシングのXtra、海外リモートワーク制度を2020年1月より開始
2019-12-30 18:12

働き方

クラウドソーシングのXtra、海外リモートワーク制度を2020年1月より開始

働く場所を自由に選択できる

Xtra株式会社は、2019年12月27日、海外リモートワーク制度を2020年1月より開始すると発表した。

同社は、クラウドソーシング領域で事業を展開している企業。海外リモートワーク制度は、業務に支障が出ない範囲で働く場所を自由に選択できるというもの。リモートワークを軸とした同社の「働き方改革」の一環として開始される。

海外ワーケーションも可能になる

Xtraは、クラウドソーシングサービス『Conyac』やクラウド翻訳サービス『スピード翻訳』といった事業を、多くのフリーランサーと共に展開している。

同社は、フリーランサーが使いやすいプラットフォーム作りを進めると共に、社員もそれぞれが最適な「働き方」ができるよう制度を改正。自宅または業務に適した任意の場所でのリモートワークも既に認めていた。

今回開始される海外リモートワーク制度は、既に認められていたリモートワークの範囲を大幅に拡大するもの。裁量労働制の場合は原則として、業務に支障が出ない範囲であれば自由に働く場所を選択することができる。フレックスタイム制とリモートワーク制度を活用した海外ワーケーションも可能になるという。

ニューヨークでトライアルを実施

海外リモートワーク制度の正式開始に先立ちXtraは、2019年9月下旬~11月上旬にかけてニューヨークでトライアルを実施した。このトライアルでは、エンジニア1名がアパートに滞在しながらコワーキングスペースで業務を実施。チャットツールを活用したこの業務は、スムーズに進行した。

(画像はプレスリリースより)

外部リンク

Xtra株式会社
https://www.x-tra.jp/

海外リモートワーク制度を2020年1月よりスタート – PR TIMES
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加