• TOP
  • >
  • ニュース
  • >
  • AIと協働し人間ならではの能力を発揮へ 「日本発」のライフシフトを創る
2018-05-15 18:00

ニュース

AIと協働し人間ならではの能力を発揮へ 「日本発」のライフシフトを創る

WASEDA
WASEDA NEOが新設コースを開講 「OS」を学ぶ
学校法人早稲田大学の社会人教育事業で、業種を超えたコミュニティの形成や、実課題に沿ったトレーニングプログラムなど展開するWASEDA NEOが、新設コース“人生100年時代を生き抜く「人間再開発(ver.0)」”を開講すると、11日のプレスリリースで発表した。

2018年秋以降に開講予定の新設コースでは、“「日本発の」ライフシフトを創ろう!”をキャッチコピーとして、AIと協働し、人間ならではの能力を発揮するため、そして働く人に必要とされる「OS(基礎力)」が学べる場を提供していく。

日本初の「働く人の、ライフキャリア・センター」の試行実施も
国が「人づくり革命」を掲げ、“人材への投資”に向けた動きが活発化する中、WASEDA NEOは上記のような、100年時代を生き抜くためのキャリアデザイン力を身につけるプログラムを提供。日本初の「働く人の、ライフキャリア・センター」の試行実施もしていく。

また、WASEDA NEOは2018年3月末までに、“人生100年時代を生き抜く「人間再開発(ver.0)」”で、40講座以上の立ち上げを行う予定があることも明らかにした。

更に、6月25日から6月29日にかけては、提供予定のテーマに関するパイロットプログラムを開講。個人・企業・団体での受講が可能で、1プログラム5,000円からとなる。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

早稲田大学のプレスリリース(PR Wire)
https://kyodonewsprwire.jp/release/201805113844

  • このエントリーをはてなブックマークに追加