TOP > ニュース > 副業選びは男女に違いが?インテージリサーチの副業調査
2018-06-20 07:06

ニュース

副業選びは男女に違いが?インテージリサーチの副業調査

副業に関する意識調査

株式会社インテージリサーチは「副業に関する意識調査」を実施。6月18日にその結果を公表している。年代や性別で副業の内容が異なる傾向にあることが明らかになった。

男性は投資・女性はモニターやポイントサイト

同調査は、全国で16歳から79歳までの働く男女1万1,217人から回答を得ている。10.7%の人が副業で実際に副収入を得ていると回答。副業を意識した活動をしている、今後何かしてみたいと思っている人は33.8%だ。

副業の内容は、性別や年代で異なることが明らかになった。「実際に副業を行っている」「今後してみたい副業」とも、男性は「株式や金融商品、仮想通貨などに投資」という回答が多く、女性は「アンケートモニターやポイントサイト、レビュー参加」があげられている。

男性はスキルを、女性は気軽さを

今後してみたい副業の特徴として、50歳以上男性が「人に何かを教える、コンサルティングをする」、10・20歳代の女性が「記事を書く」とあり、男性はスキルを活かした活動、女性は創作的な活動への関心も高いことが分かった。

副業の理由は本業での収入を補う目的が42.1%と最も多いが、ここでも性別に違いが出ている。男性はスキルアップやビジネスチャンスを意識する傾向にあり、女性は気軽に行えることが動機付けになっている。

(画像はプレスリリースより)

外部リンク

株式会社インテージリサーチのプレスリリース
http://www.intage-research.co.jp/news/20180618.pdf

  • このエントリーをはてなブックマークに追加