TOP > 働き方 > インテージテクノスフィア、「最適な働き方」スタート
2018-07-02 18:07

働き方

インテージテクノスフィア、「最適な働き方」スタート

「時間と場所」を選択

6月29日、株式会社インテージテクノスフィアは、7月2日より「働き方改革」の実現に向けて、柔軟に「時間と場所」を選択できる「最適な働き方」を開始すると発表した。

コアタイムがない「フレックスタイム制度」

コアタイムとは、フレックスタイム制度の勤務において、出勤義務のある時間帯のこと。つまり、全社員が、必ず就労している時間帯でもある。

インテージテクノスフィアは、コアタイムがない「フレックスタイム制度」と「在宅勤務制度」を導入。社員一人ひとりの生活の環境に適した「柔軟な働き方の選択」を支援するとのこと。

創出される時間は、「人間力」の向上に結びつけ、社員の成長および、自律的な挑戦を促すと考えている。

また、社員一人ひとりの能力を、最大限に発揮。「プロフェッショナル」として、より一層の活躍が期待できるとしている。

イノベーションの時間を創出する

これまでもインテージテクノスフィアは、インテージグループ全体の取り組みとして、「働き方改革プロジェクト」を設置し、「ワークスタイルの最適化」の検討を重ねてきた。

「新しい働き方」の導入により、イノベーションの時間を作り上げ、テクノロジーを駆使したデータを、新たな価値の創造へと可能していくという。

加えて、顧客への企業価値を高める「マーケティング活動」に貢献していくとのことである。

(画像は株式会社インテージホールディングスより)

外部リンク

PR TIMES
https://prtimes.jp/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加