• TOP
  • >
  • 働き方
  • >
  • 働き方改革関連法成立!2020年4月までに経営者・人事担当が対応すべき7つの論点(2/2)
2018-07-04 13:45

働き方

働き方改革関連法成立!2020年4月までに経営者・人事担当が対応すべき7つの論点(2/2)

はじめに

2018年6月29日、参院本議会で「働き方改革関連法案」が成立しました。安倍晋三首相が「戦後の労働基準法制定以来70年ぶりの大改革」と称する本法案は、働く方ひとりひとりが、よりよい働き方を選択し、よい生き方を歩んでいくことを願って作られた法案です。

法案がどういうものか?経営者・人事担当者はどのような対応が求められているか?を改めて振り返ってみましょう。

前編に続き、後編では、2020年4月1日に施行される各法案と、経営者・人事担当がとるべきアクションをまとめています。


※働き方改革関連法成立!2020年4月までに経営者・人事担当が対応すべき7つの論点(1/2)


※2019年4月1日までに対策が必要なことは、前編をご覧ください

「働き方改革関連法」で何が変わるのか?その対策は?

では、「働き方改革関連法」によって、何が変わり、経営者・人事担当者はどのような対応が求められていくのでしょうか。今回改正される、労働法をひとつひとつ解説していきます。


5. 同一労働同一賃金(不合理な待遇差を解消するための規定の整備)
概要
「同一労働同一賃金」という名称で浸透している本制度。同一業務にも関わらず報酬として受け取る賃金の格差が生まれていた状況を是正する制度です。

正社員(正規雇用労働者)とパート・派遣(非正規労働者)の待遇差が近年課題視されていました。それは、同じ仕事をしている場合であっても、雇用形態が異なることを理由に、給与賃金・福利厚生・キャリアプランなど、諸待遇が異なることがありました。

正社員(正規雇用労働者)とパート・派遣(非正規労働者)の間で、不合理な待遇が発生することを防ぐため、「当該待遇の性質・目的に照らして適切と認められる事情を考慮して判断されるべき旨を明確化する」(厚生労働省のガイドラインより)ことを規定しています。

ですので、原則、雇用形態がどのようであっても、同一の貢献をした場合は同じ給与・賃金が支給されることになります。

併せて、厚生労働省は「有期雇用労働者の均等待遇規定を整備」することを指定しています。派遣労働者において、①派遣先の労働者との均等・均衡待遇、②同種業務の一般の労働者の平均的な賃金と同等以上の賃金であることなど一定の要件を満たす労使協定による待遇のいずれかを確保すること、の2点を義務化しています。


試行日
・大企業:2020年4月1日
・中小企業:2021年4月1日


6. 労働者に対する待遇に関する説明義務の強化
概要
短時間労働者・有期雇用労働者・派遣労働者について、正規雇用労働者との待遇差の内容・理由等に関する説明を義務化しています。今後、同一労働同一賃金が原則となることを踏まえての変更です。

試行日
・大企業:2020年4月1日
・中小企業:2021年4月1日


7. 行政による履行確保措置及び裁判外紛争解決手続(行政ADR)の整備
概要
同一労働同一賃金の義務化や待遇差が発生した際の説明義務について、労働者にかわって行政による、履行確保措置及び行政ADRを整備するものです。

試行日
・2020年4月1日



経営者・人事担当者はどう対応すべきか?

改めて、まずやるべきは前編でご紹介した、2019年4月より施行される各制度(残業時間の上限、勤務間インターバル制度、産業医・産業保健機能、高プロ)への対応です。

他方で、2019年4月に上記の制度を推進しながら新しい制度をまた設計するとなると、大変な重荷でもあるので、2020年4月向けの制度も同時に設計していくことが無理のないことでしょう。

いわゆる同一労働同一賃金に関する対応としては、以下を進めていきましょう。

・各法案施行にあたっての諸規定の変更、システムの変更、管理業務の変更
・経営層・中間管理職・現場推進社員・関連人事担当者への周知
・人材派遣会社、人材紹介会社へのコミュニケーションと対策案の策定

同一労働同一賃金に関する対策は、意思決定者の巻き込みはもちろんですが、外のステークホルダーを巻き込んで、より一層正確な情報と具体的な対策案を作っていくことが望まれます。


外部リンク

【図解・行政】「働き方改革」関連法案の概要(2018年4月)
https://www.jiji.com/jc/graphics?p=ve_pol_seisaku-kouseiroudou20180405j-03-w680

同一労働同一賃金ガイドライン案
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000190591.html

人を雇うときのルール
http://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/roudouseisaku/chushoukigyou/koyou_rule.html

  • このエントリーをはてなブックマークに追加