TOP > ニュース > 実践のための副業支援・「Parallelworkers’ Terminal」スタート
2018-07-12 18:07

ニュース

実践のための副業支援・「Parallelworkers’ Terminal」スタート

パラレルワーク支援プロジェクト

株式会社エンファクトリーと株式会社Schooは共同で、パラレルワーク・複業を支援するプロジェクト「Parallelworkers’ Terminal」を開始すると発表。7月23日より授業放送を無料公開する。

プロジェクト内容と特徴

エンファクトリーはフリーランスやパラレルワーカーのためのチーム支援プラットフォーム「Teamlancer(チームランサー)」を運営。フリーランサーなど志を共有できる個人同士がつながってチームを結成、企業課題に取り組むマッチングプラットホームサービスだ。

一方Schooは学べる生放送コミュニケーションサービス「Schoo(スクー) 」を展開している。

今回、この両社が共同副業支援プロジェクトを開発。まず始めに7月23日より「パラレルワーク実践 -わがままに生きる術を学び、実践する-」という生放送授業を実施する。

授業は毎月異なるゲスト講師を迎え、受講生との意見交換などができる授業を行っていく予定だ。

さらにSchooでは、全12本の講座を無料公開。副業をしている人の話やその実践法、ポイントなどを随時紹介していく。そして実際に副業の実践の場として、チームランサーを活用した支援を行う。

実践できるパラレルワークへ

政府の働き方改革が推進され、副業への意識が高まる一方で、実際に副業しているのは26%という調査結果もある。同プロジェクトでは実践のためのパラレルワークを紹介しながら、個人の活躍と企業の成長に寄与していくとしている。

(画像はプレスリリースより)

外部リンク

株式会社エンファクトリーのプレスリリース
https://enfactory.co.jp/news/2018/07/10/130029

  • このエントリーをはてなブックマークに追加