• TOP
  • >
  • イベント情報
  • >
  • フリーランスと企業をつなぐ新しいカタチ ~「pasture」サポーターミートアップイベント〜
2018-08-05 16:00

イベント情報

フリーランスと企業をつなぐ新しいカタチ ~「pasture」サポーターミートアップイベント〜

エン・ジャパン
フリーランスと企業をつなぐ新しいカタチ~「pasture」サポーターミートアップイベント〜


2018年7月19日、エン・ジャパン株式会社の新サービス「pasture」のミートアップイベントが、新宿アイランドタワーで行われた。サービスに興味を持つ「サポーター」が集結し、交流を深めながらサービスの魅力をより深く知っていくためのイベントだ。

pasture - フリーランスマネジメントを、シンプルに。


ミートアップイベントは、新規事業開発室高澤真之介氏の乾杯の挨拶から始まり、用意された軽食やドリンクを食べながら、和やかな雰囲気のもと進められた。
高澤氏自身、過去にエン・ジャパンから業務委託を受けて働いていた。その経験を活かして、フリーランサーの立場に立ったサービスとして、「pasture」を構想したという。

エン・ジャパン


フリーランスと企業をつなぐ「pasture」

pasture」は、業務を委託した企業とフリーランスのコミュニケーションを円滑にする、マネジメントツールだ。

企業とフリーランスの間では、「業務委託先の見える化がされていない」「タスクの管理漏れ」「煩雑な請求書管理」等の問題が発生する。pastureは、発注、納品、請求等をひとつのプロダクトを通じてオンライン上で行えるため、このような問題が解消できるという。

料金は、月額課金制で最も安いプランで月7,000円だ。


高澤氏によると、「pasture」の利用者増加の背景には、「新しい働き方」への環境整備の問題があると語った。フリーランスとして仕事を請けたい人が増えている一方、企業担当者とフリーランサーを繋げるサービスが非常に少ないのだという。

海外で利用されている性能の高いサービスがいくつかあるものの、そのほとんどは、日本の「下請法」や「日本式の請求書」に対応しておらず、実務で活かしきれないことがある、と語った。

高澤氏の講演の後は、スタッフとサポーターが交流を深める懇親会が行われた。

エン・ジャパン


企業と個人が、お互いを活かしあえる仕組み作りを

エン・ジャパンは、本業の人材採用事業においても、一億総活躍社会の実現に向けた「雇用の質的向上による生産性向上」を掲げている。フリーランスをはじめとして、企業に属さない個人が、企業と仕事をする機会はますます増えていくであろう。その中で、相互がより活かしあう仕組みを作り上げていくエン・ジャパンに要注目だ。


pasture - フリーランスマネジメントを、シンプルに。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加