• TOP
  • >
  • ニュース
  • >
  • 転職活動者に聞いた仕事への意欲、理想の働き方は?
2018-07-29 07:30

ニュース

転職活動者に聞いた仕事への意欲、理想の働き方は?

リクナビNEXT
「リクナビNEXT」のアンケート
株式会社リクルートキャリアは7月26日、転職活動者にアンケートを実施し、その結果を報告している。仕事中心の生活を理想としている人は1割未満。しかし意欲がないのではなく、バランスが大切なようだ。

「仕事中心」は1割未満
同調査は、転職情報サービス「リクナビNEXT」の登録者で、2018年3月に転職活動を行っていた正社員・契約社員832名にアンケートを行ったものだ。

生活における仕事とプライベートについての考えを転職者に尋ねたところ、「仕事が中心」の生活を理想としている人は9.6%と1割未満。「仕事とプライベートのバランスがとれている」は71.6%で最も多い。

その理由には育児や介護、体調の変化など個々の人生の転換期がある。企業も従業員の多様化するライフスタイルに寄り添う必要がありそうだと述べている。

仕事への「やりがい」も大切
一方、転職で実現したいことの上位3項目は「やりがいを感じられる」が95.1%、「経験・能力を活かせる」が91.6%、「仕事を通じて成長できる」が90.6%ですべて9割以上。

ワークライフバランスを重視している人でも、「仕事のやりがいを感じられる」は97.5%、「経験や能力が活かせる」は94.0%、「仕事を通じて成長できる」は93.8%となった。

バランスの調和を理想としつつも、自身への新たな可能性や意欲も感じられた結果となった。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

株式会社リクルートキャリアのプレスリリース
https://www.recruitcareer.co.jp/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加