TOP > 働き方 > 「平成30年度テレワーク宣言応援事業」、10社が決定!
2018-08-27 07:08

働き方

「平成30年度テレワーク宣言応援事業」、10社が決定!

今年は3社が宣言

株式会社テレワークマネジメントは8月23日、テレワーク宣言企業10社を発表。昨年から継続している7社に加え新たに3社が宣言し、その取り組みの様子を専用ページで公開している。

テレワークの取り組みを紹介

同社は、厚生労働省が実施している「テレワーク宣言応援事業」を受託している。

平成30年のテレワーク宣言企業の募集を5月より開始し、今回宣言企業10社を紹介。今年新たに宣言したのはJapanREIT株式会社、トヨタファイナンス株式会社、株式会社バンテックの3社。

昨年度から継続的にテレワーク宣言を行っているのは、株式会社RDサポート、サッポロビール株式会社、都築電気株式会社、株式会社ベネッセホールディングス、株式会社ペンシル、株式会社北都銀行、株式会社リクルートオフィスサポートの7社だ。

企業トップのイニシアティブのために

テレワークの推進には、企業トップのイニシアティブが有効であるとされている。

同社では、今後もウェブサイトにおいてテレワークの取り組みの様子を事例として紹介していく。適正な制度の導入やポイント、効果などを他の企業で参考・活用してもらい、テレワークの推進と普及に貢献していくとしている。

(画像はテレワークマネジメント公式ホームページより)

外部リンク

株式会社テレワークマネジメント
https://www.telework-management.co.jp/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加