TOP > ニュース > ノバレーゼ、9月1日から“自分を磨く”副業解禁 雇用契約を結ばない社外活動を
2018-09-01 18:09

ニュース

ノバレーゼ、9月1日から“自分を磨く”副業解禁 雇用契約を結ばない社外活動を

本業に支障のない範囲で、全社員と執行役員およそ750人が対象

モダン・スタイリッシュな婚礼施設を中心に、ドレスショップやレストランを運営する株式会社ノバレーゼ(以下、ノバレーゼ)が、9月1日から“自分を磨く”副業を解禁すると、8月30日に発表した。

同社が新たに導入する制度名は「パラノバ」で、雇用契約を結ばない個人事業主やフリーランスなど、就業時間外において本業に支障のない範囲で副業を認める。全社員と執行役員およそ750人が対象で、社外活動から視野の広い優秀な人材を育成する。

「人材育成」以外にも新制度導入の狙いが 採用力向上にも

「人材育成」以外にも、「人材の確保」と「採用力の向上」が新制度の導入の狙いだ。ブライダル業を行うノバレーゼには、“自分を磨く”社員が多く働いており、それを後押しすることで、モチベーションの向上と、長く働ける環境を構築していく。

同社は7月に、勤続年数が1年以上の正社員を対象として「在宅勤務制度」も導入し、働き方改革が進む社会で、多様な働き方ができる会社としてアピールし、「人材の確保」と「採用力の向上」につなげるとしている。

(画像は株式会社ノバレーゼ ホームページより)

外部リンク

株式会社ノバレーゼ プレスリリース
http://www.novarese.co.jp/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加