• TOP
  • >
  • 働き方
  • >
  • 「建設業界で女性がもっと働きやすくなるための条件」。コプロ・エンジニアード調査
2018-09-12 07:30

働き方

「建設業界で女性がもっと働きやすくなるための条件」。コプロ・エンジニアード調査

建設
三大都市圏の建設エンジニア男女296名が回答
株式会社コプロ・エンジニアードは、「建設業界で女性がもっと働きやすくなるための条件」に関するアンケート調査を実施し、その結果概要を2018年9月4日に発表した。

同社は、建設エンジニア専門の人材派遣を手掛ける企業。同調査は、同社に在籍する三大都市圏の建設エンジニア男女296名より回答を得ている。

最多の回答は「職場環境や設備の整備」
同調査において「建設業界で女性がもっと働きやすくなるための条件」として最も多くの回答が集まったのは、42.3%を占めた「職場環境や設備の整備」。具体的な取り組みとしては、女性用トイレ・完全個室の女性用更衣室・女性用シャワールーム・女性専用休憩室などの整備を求める声が寄せられている。

次点には、18.1%の「職場の人の教育・意識を変える」、14.3%の「労働時間を柔軟にする」、同じく14.3%の「女性技術者を増やす、女性管理職を増やす」が並んだ。

現在働いている現場は「女性が働きやすい職場」か
同調査では、現在働いている現場が「女性が働きやすい職場」かどうかについても、訊ねている。回答の結果は、「働きやすい」が27.0%、「どちらかと言えば働きやすい」が32.4%となり、およそ6割が「女性が働きやすい職場」と認識していることが明らかになった。

この結果についてコプロ・エンジニアードは、同社の女性エンジニアの派遣先が大手ゼネコンの現場である場合が多い点を指摘。女性が働きやすい環境を整備し、女性が働く現場に必要な教育がなされている場合が多いと、考察している。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

株式会社コプロ・エンジニアード
http://www.copro-e.co.jp/

「女性が働きやすい建設現場」にするには 建設エンジニア男女296名にアンケート調査 - pressrelease-zero.jp
http://pressrelease-zero.jp/archives/133075

  • このエントリーをはてなブックマークに追加