• TOP
  • >
  • 働き方
  • >
  • 都築電気、前年度に続いて「テレワーク宣言応援事業」の宣言企業に決定
2018-09-10 18:00

働き方

都築電気、前年度に続いて「テレワーク宣言応援事業」の宣言企業に決定

テレワーク
「多様な働き方の推進について」の施策
都築電気株式会社は、2018年9月4日、厚生労働省のテレワーク普及促進事業『テレワーク宣言応援事業』の宣言企業に決定されたと発表した。

『テレワーク宣言応援事業』は、2017年に厚生労働省が公表した「多様な働き方の推進について~テレワークの推進~」の施策として実施されているもの。都築電気は、前年度に引き続き宣言企業に決定している。

テレワーク勤務の制度強化を図っている都築電気
都築電気は、「情報ネットワークソリューションサービス」と「電子デバイス」を2つの柱として事業を展開している企業。特に「情報ネットワークソリューションサービス」では、製造・流通・ヘルスケアの業種別体制で、企画・構築・運用サポートまで一貫した提案を行い、経営課題の解決を支援している。

同社は、2016年4月より「テレワーク(在宅勤務)制度」を導入。年2回の「都築テレワーク月間」を通じて利用促進を進め、業務効率化・優秀な人材確保・災害時対策・ワークスタイル多様化などを推進している。また、本年6月には「サテライトオフィス勤務制度」を、9月には「モバイルワーク勤務制度」も導入。テレワーク勤務の制度強化も図っている。

多様な働き方が選択できる環境の整備に取り組む
『テレワーク宣言応援事業』では、テレワーク普及拡大が期待される企業や、新たにテレワークを開始した企業の中から、宣言企業が決定される。2017年には7社が、2018年には新たな3社を加えて計10社がテレワーク宣言企業として決定された。

都築電気は今後も、多様な働き方が選択できる環境の整備に取り組み、真に働きやすい会社となることを目指すとしている。

(画像は都築電気の公式ホームページより)


外部リンク

昨年に引き続き「厚生労働省テレワーク宣言企業」に決定 - 都築電気株式会社
https://www.tsuzuki.co.jp/news/2018/20180904_000831.html

  • このエントリーをはてなブックマークに追加