TOP > 働き方 > 4.見えない「資産」ーお金に換算できないもの(生産性資産・活力資産・変身資産)
2018-09-17 17:09

働き方

4.見えない「資産」ーお金に換算できないもの(生産性資産・活力資産・変身資産)

4.見えない「資産」ーお金に換算できないもの(生産性資産・活力資産・変身資産)

本章では無形の資産に光を当てます。やさしい家族、素晴らしい友人、高度なスキルと知識、肉体的・精神的な健康はすべて無形の資産であり、長く生産的な人生を築くために、有形の金銭的資産と同じくらい重要なものです。それらのものは簡単に作れるものではなく、時間をかけてじっくりと築きあげていくものです。
無形の資産はそれ自体として価値があることに加えて、有形の金銭的資産の形成を助けるという点で、長く生産的な人生を送るためにカギを握る要素なのです。また無形資産を大切にすることで、長寿化になった際の、長い人生を歩んでいく上で人生の質を上げることができます。よい人生を送るためには、有形と無形の両方の資産を充実させ、両者のバランスを取り、相乗効果を生み出す必要があります。
長寿化との関係を基準に、無形の資産を「生産性資産」「活力資産」「変身資産」の三つのカテゴリーに分類できます。

生産性資産

「生産性資産」とは、生産性や所得、キャリアの見通しを向上させるのに役立つ資産を指しています。
わかりやすい例は、長年かけて培ってきたスキルや知識です。ただし、キャリアの初期に身につけた専門技能を頼りに、長い勤労人生を生き抜くことは難しいです。そのため、生涯を通じて、複数の新しいスキルと専門技能を獲得し続けることが重要になります。スキルに関して勉強を続ける必要があるのです。身につけておきたいスキルや知識は、情熱を注げることを前提としつつも、経済的な価値を生み出せて、しかも希少性があり模倣困難なものがよいでしょう。

具体的には、「イノベーションを生む力、創造性」、「意思決定やチームのモチベーション向上といった、人間ならではのスキルと共感能力」、そして「思考の柔軟性や敏捷性といった、汎用スキル」を育むことです。また、仲間の存在も生産性資産の一端を担います。高い信頼性を持つ職業上のネットワークは、互いの成長やイノベーションの促進に大いに役立ちます。時としてコーチや支援者となってくれたり、必要な人脈を紹介したりしてくれます。こうした存在を、グラットンは「ポッセ」と呼びます。評判も生産性向上に寄与してくれます。良い評判を得ていれば、高い能力があるのではないかと期待されやすく、守備範囲を広げやすいです。ただ、評判の獲得には時間を費やさなければならない一方で、自ら評判を完全にコントロールすることは不可能に近いです。今後は、ソーシャルメディアにより評判を左右する情報がますます拡散されやすくなるため、幅広い範囲で自分の評判を管理することが求められます。

活力資産

「活力資産」とは、人に幸福感をもたらし、やる気をかき立てる資産を指しています。具体的には、肉体的・精神的健康や、友人や家族との良好な関係などです。

まず、健康は長寿化時代において価値を増す一方です。とりわけ、明晰で健康な脳を保つことは大きな意味を持ちます。最近の研究によると、加齢により脳の機能が衰えるのを避けられないという常識が変わりつつあり、脳をくり返し使用すれば、機能を高めたりダメージからの回復を促したりすることもできるというのです。また、ストレスを引き起こす要因をうまく管理することも大事です。中でも、職場と家庭のバランスをとり、両者での前向きな感情が伝播し合う効果は見逃せません。そのほか、活力資産の形成に役立つのは、長い年月をかけて築かれ、深く結びついた親しい友人たちとの関係です。これをグラットンは「自己再生のコミュニティ」と呼びます。友情を長続きさせ、深めている人は、高齢になってもエネルギッシュで前向きな傾向が見られます。

変身資産

「変身資産」とは、人生の途中で変化と新しいステージへの移行を成功させる意思と能力のことです。移行につきものの不確実性への対処能力を促す要素ともいえます。具体的には、次の3つの要素が必要となります。
1つ目は、「自分について良く知っていること」です。自分の過去、現在、未来について内省し続けることで、変化を経験しながらもアイデンティティと自分らしさを保ちやすくなります。
2つ目は、「多様性に富んだ人的ネットワークを持っていること」です。昔からのネットワークは同質性が高いため、変化を促すよりも、同質であることを後押しする傾向が強いです。そのため、新しい視点を得て、変身を遂げていくには、大規模で多様性に富んだネットワークに接することが欠かせません。
そして3つ目は、「新しい経験に対して開かれた姿勢を持っていること」です。変身の過程で既存の行動パターンが脅かされるときに、新しいやり方を実験し、受容する姿勢を持つことが大切です。すると、新しい生き方を探索し、適応することができるようになります。そこでは、型にはまった行動を打破する「ルーチン・バスティング」が必要となります。

このように、3つの「見えない資産」に投資を続け、自らをリ・クリエーション(再創造)することが、充実した100年ライフを送るためのカギとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加