• TOP
  • >
  • 働き方
  • >
  • 若者へ地域限定正社員に関する意識調査・「地元を離れたくない」が半数以上
2018-09-12 18:00

働き方

若者へ地域限定正社員に関する意識調査・「地元を離れたくない」が半数以上

地域限定正社員
若者へ働く場所への意識調査
レバレジーズ株式会社では9月11日、フリーター・既卒向け就職支援サービス「ハタラクティブ」で地域限定正社員に関するアンケート調査を実施。地域限定で働きたい若者は7割を超えている。

転勤をしてほしいと言われたら?
同調査は、「地域限定正社員に関する意識調査」というもので、「ハタラクティブ」に登録している18歳から30歳のフリーター、派遣社員、元正社員、元契約社員などの経験がある男女269名から回答を得ている。

地域限定正社員とは、一定の地域内での配属・移動を条件とした雇用形態。しかしアンケートを実施するまで65.3%が「知らなかった」と回答している。

「いきなり『転勤をしてほしい』と言われたらどうするか」と質問したところ、1位は「今住んでいる場所から近い場所であれば転勤でも構わない」で34.7%。

2位は「引っ越し費用や家賃補助が出るのであれば転勤を考える」で31.6%、3位は「転勤をするくらいなら、転職を考える」で10.5%となった。

地域限定正社員として働きたい?
地域限定社員として働きたいかという質問に「はい」と答えたのは、男性77.5%、女性70.7%。理由を尋ねたところ、「地元を離れたくないから」が男性77.8%、女性58.8%でいずれも半数以上。家族や付き合っている人など、生活の基盤が理由となっているようだ。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

レバレジーズ株式会社のプレスリリース(PRTIMES)
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000217.000010591.html

ハタラクティブ公式サイト
https://hataractive.jp/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加