• TOP
  • >
  • ニュース
  • >
  • ウェブエックスが運営する副業支援Webメディアの会員数が3,000を突破
2018-09-12 07:30

ニュース

ウェブエックスが運営する副業支援Webメディアの会員数が3,000を突破

ウェブエックス
サイトオープンから3ヶ月を経過
2018年9月10日、ウェブエックス株式会社は、同社が運営する、副業支援をテーマにしたWebメディア「side bizz(サイドビズ)」(以下、同サイト)の会員数が3,000会員を突破したと発表した。

2018年は副業解禁元年と言われており、今後は、個人が「マイクロビジネス」で活躍していく時代になるとのこと。

同サイトは、サイトオープンから3ヶ月を経過し、大手企業からベンチャー企業まで契約社数が150社を突破するとともに、副業を希望する会員登録数が3,000会員を突破した。

また、同社は、複数名のエンジェル投資家を引受先とする第三者割当増資も実施しており、今後も継続して資金調達を実施していく予定。
「side bizz」の概要
同サイトは、「営業職」や「セールス職」の副業支援を目的にした「リファラル営業」募集サイトだ。

なお、「リファラル営業」とは、”紹介営業”を意味し、友人・知人・取引先に特定の企業やサービスを紹介することを目的とする営業手法のひとつだ。

同サイトでは、紹介するだけの業務内容で、代理店よりも簡単に取り組めるビジネススキームになるため、主に営業・セールス職向けの副業支援サイト&中小企業向けの営業支援サイトとしての役割を担っていく。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

ウェブエックス プレスリリース(PRTIMES)
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000007.000033912.html

  • このエントリーをはてなブックマークに追加