TOP > ニュース > 「お試しプログラム」も充実。兼業マッチングweb「ふるさと兼業」開設
2018-09-18 07:09

ニュース

「お試しプログラム」も充実。兼業マッチングweb「ふるさと兼業」開設

人材不足の地域企業と都市部の人材をつなぐ

NPO法人G-netは、2018年9月13日、兼業マッチングweb『ふるさと兼業』を開設した。

G-netは、地域中小企業と都市部の若者をつなぐ兼業マッチング支援を手掛けるNPO法人。『ふるさと兼業』は、人材不足の課題を抱える地域企業と、地元や興味のあるテーマに関わりたい都市部の人材をつなげるべく、開設されている。

具体的な兼業案件を掲載、丁寧にフォローする体制

近年、兼業のマッチング支援の動きは加速しており、マッチングを支援するwebサイトも増加傾向にある。厚生労働省も、2018年1月には副業に関するガイドラインを改訂。『ふるさと兼業』も、こうした流れを受けて開設された。

「都市部で仕事をしながら、隙間時間を活用して故郷での兼業を行いたい」「デザインなど得意分野の能力を活かして、地方企業での兼業を行いたい」といったニーズを持つ人材は、増えつつある。しかし、実際に地域で兼業を行うとなると、現状としては具体的な情報は乏しく、参画障壁も高い。

そこで『ふるさと兼業』は、複数の地域団体と連携。具体的な兼業案件の掲載や、受入側と参画側を丁寧にフォローする体制を整えている。

短期間の地域訪問プログラムも用意

『ふるさと兼業』は、複数の地域団体による運営や専属コーディネーター配置に加え、充実した「お試しプログラム」を持つこともまた、大きな特徴となっている。オンラインによる情報交換や実践者の生の声が得られるオンラインコミュニティを設置し、移住しなくても参画できる短期間の地域訪問プログラムも用意。各地域から、プログラムが随時紹介可能となっている。

G-netは今後も、個人が地域でキャリアを積み、多様な働き方に挑戦できる土壌づくりを行うとしている。

(画像はプレスリリースより)

外部リンク

ふるさと兼業 – NPO法人G-net
https://furusatokengyo.jp/

地域やテーマで選べる兼業マッチングweb「ふるさと兼業」開設  地方の人材不足解決や多様な働き方の推進に貢献 – @Press
https://www.atpress.ne.jp/news/165526

  • このエントリーをはてなブックマークに追加