• TOP
  • >
  • 働き方
  • >
  • 上司への満足度は5.6点/効果面談目前に暴く従業員の本音とは?
2018-09-15 07:30

働き方

上司への満足度は5.6点/効果面談目前に暴く従業員の本音とは?

考課面談
目標管理の実態と従業員の本音
株式会社HRBrainは、考課面談時期を前に「目標管理の実態と従業員の本音に関する意識調査」を実施し、9月12日にその結果を発表。上司への評価は5.6点/10点となった。

理想の上司は「的確な評価をする」
同調査は、人事評価を受ける一般正社員600人を対象におこなっている。それによると、目標管理に関する上司への評価は、10点満点で平均5.6点、中央値は6点となっている。

「この上司なら目標達成に向けて頑張れる」と思う理想は、「部下の目標を把握し、的確なフィードバックや評価をしてくれる人」58.0%、「一緒に取り組んでいる姿勢を感じる人」が52.5%となった。

面談で上司と話したい内容は、「目標達成に対する自分への評価」が60.3%で最多。目標や業務内外の悩みなどの相談は回答率が低い結果となっている。

また目標達成へのモチベーションについては、「インセンティブや報酬の獲得」が48.1%、「キャリアアップ」が36.9%。周囲からよりも、上司からの高い評価が、モチベーションや自信に繋がっていることが分かった。

コミュニケーションの見直しを
同社の調査結果に対するコメントでは、的確なフィードバックをしてくれる上司が、目標達成への意欲につながっている一方で、入り込みすぎても評価が低くなっていると指摘。

上司のコミュニケーションのバランスについて、見直す必要があるのではと提案している。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

株式会社HRBrainのプレスリリース(PRTIMES)
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000010.000023143.html

  • このエントリーをはてなブックマークに追加