TOP > 働き方 > 東北INTILAQ、「自分らしい」働き方を支援する「キャリアモデル開発センター」開設へ
2018-09-23 18:09

働き方

東北INTILAQ、「自分らしい」働き方を支援する「キャリアモデル開発センター」開設へ

首都圏のビジネス人材を包括的にサポート

一般社団法人IMPACT Foundation Japan(以下「INTILAQ」)は、2018年9月20日、『キャリアモデル開発センター』を2019年4月に開設すると発表した。

INTILAQは、宮城県仙台市を拠点として、東北にて起業家育成・支援を手がける法人。『キャリアモデル開発センター』は、自分らしい生き方となるキャリアモデルを模索している首都圏のビジネス人材を、包括的にサポートすべく開設される。

地方自治体と首都圏のビジネス人材

地方自治体においては近年、首都圏からのビジネス人材を呼び込む事業が広がっている。しかし、受け入れ側である自治体の目線で企画された事業では、「支援される側」と「支援する側」といった関係が構築されやすいため、現状としては持続可能な人材確保には至っていない。

その一方で、首都圏のビジネス人材の多くは「人生100年時代」や「副業解禁」などといった働き方の変化を受け、これまでと異なる視点で自身のキャリア構築を考え始めている。地方との対等な関係性の中で、自身の存在価値を高められるような働き方や活動が求める人も、増加しつつあるという。

東北への人材流入促進を図る

『キャリアモデル開発センター』は、こうした状況に対応すべく、INTILAQ内にて開設される。同センターでは、キャリアモデル構築を目指す人材には構築サポートを提供し、起業家など対しては働き方のコンサルティングなどを提供する。

同事業を通じてINTILAQは、首都圏で働くビジネス人材のキャリアモデル構築と、人材を求める東北の起業家・企業・組織への人材流入促進を図るとしている。

(画像はプレスリリースより)

外部リンク

「キャリアモデル開発センター」が2019年4月に開設 – 一般社団法人IMPACT Foundation Japan
http://intilaq.jp/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加