TOP > 働き方 > 狙った業務は必ず自動化。「RPA Robo-Pat」、ゴルゴ13とコラボキャンペーン
2018-09-25 07:09

働き方

狙った業務は必ず自動化。「RPA Robo-Pat」、ゴルゴ13とコラボキャンペーン

「請け負った仕事は完遂する」ツールとしてアピール

株式会社FCEプロセス&テクノロジー(以下「FCE」)は、2018年9月23日、人気劇画『ゴルゴ13』とコラボレーションしたプロモーションキャンペーンを開始すると発表した。

同社は、純国産RPA『RPA Robo-Pat』を展開している企業。同キャンペーンでは、ゴルゴ13のように「請け負った仕事は完遂する」ツールとして『RPA Robo-Pat』をアピールし、「働き方改革」を推進するとしている。

シンプルな手順でRPAを実現できるツール

近年、RPAは「働き方改革」の目玉として注目されており、実際に大企業を中心として導入も進みつつある。しかしFCEは、人手不足などの課題を抱える中堅・中業企業においてこそ、RPAは大きな力を発揮すると判断。情報システム部門やIT部門を持たない企業でも気軽に活用できる『RPA Robo-Pat』の提供に至った。

一般的なRPAは、企業サーバー内でプログラムを組んだり、エンジニアが開発をしたりする工程が必要となる。しかし『RPA Robo-Pat』は、普段行っている業務上のPC操作をコマンドに置き換えていくだけで、ロボット作成が可能。プログラミングの知識を持たない事務職の人でも、シンプルな手順でRPAを実現できるという。

「働き方改革」推進の一助となれるよう

今回『RPA Robo-Pat』がコラボレーションする『ゴルゴ13』は、2018年に連載50周年を迎える人気劇画。「狙った標的は必ず仕留める」という同作品の主役・ゴルゴ13のように、「狙った業務は必ず自動化」するツールとして、『RPA Robo-Pat』のプロモーションを行う。

FCEは、『RPA Robo-Pat』で現場の人々へ寄り添うことにより、「働き方改革」推進の一助となれるような役割も果たしたいと考えている。

(画像はプレスリリースより)
(C)さいとう・たかを/さいとう・プロダクション/小学館

外部リンク

株式会社FCEプロセス&テクノロジー
https://fce-pat.co.jp/

『ゴルゴ13』と「RPA Robo-Pat」がコラボで働き方改革を推進 – PR TIMES
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加