TOP > 働き方 > 中小機構の「浜松イノベーションキューブ」、入居者募集受け付けを開始
2018-09-27 07:09

働き方

中小機構の「浜松イノベーションキューブ」、入居者募集受け付けを開始

中小企業や起業の支援を目的とする賃貸施設

独立行政法人中小企業基盤整備機構(以下「中小機構」)関東本部は、2018年9月27日、『浜松イノベーションキューブ(浜松新事業創出型事業施設)』の入居者募集受け付けを開始した。

『浜松イノベーションキューブ』は、中小企業や起業の支援を目的として、中小機構関東本部が静岡県・浜松市と連携して整備・運営を行っている賃貸施設。

新事業・新産業の創出を促進

中小機構は、日本の中小企業政策の総合的かつ中核的な実施機関として、様々な中小企業支援を行う独立行政法人。創業・新事業展開・販路開拓・海外展開といった中小企業の課題に対し、経営相談・研修・共済制度・ファンドを通じた資金提供など多様な支援を実施している。

今回入居者募集受け付けが開始された『浜松イノベーションキューブ』は、静岡県浜松市中区に立地する鉄骨造・地上3階建の施設であり、会議室などの共用施設も持つ。中小機構は同施設において、地域の企業が持つ技術力や、静岡大学をはじめとする地域の研究機関が持つ知的資産の活用を企図。新事業・新産業の創出を促進するとしている。

募集受け付けは、10月5日まで

今回『浜松イノベーションキューブ』について募集が行われているのは、計14室の入居者。新たな事業展開を図る個人事業者やベンチャー企業、自らの研究成果や技術を基に起業を行う研究者、新技術の開発および事業化を目指している企業などが、入居対象者となっている。

入居者募集受け付けは、10月5日まで行われる。賃貸決定は11月中旬以降、入居開始は12月以降の予定だという。

(画像はプレスリリースより)

外部リンク

浜松イノベーションキューブの賃貸に関する公告 – 独立行政法人中小企業基盤整備機構
http://www.smrj.go.jp/

浜松イノベーションキューブ(浜松新事業創出型事業施設)入居者募集 – PR TIMES
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/0

  • このエントリーをはてなブックマークに追加