• TOP
  • >
  • 働き方
  • >
  • 様々な紙帳票を効率的にデータ化。「スマートOCR クラウドサービス」10月発売
2018-10-03 07:00

働き方

様々な紙帳票を効率的にデータ化。「スマートOCR クラウドサービス」10月発売

OCR
データ入力業務の効率化とコスト削減に貢献
株式会社インフォディオは、人工知能OCRを用いたWEBクラウドサービス『スマートOCR クラウドサービス』の販売を、2018年10月1日より開始する。

インフォディオは、株式会社アイリックコーポレーションの100%子会社。『スマートOCR』は、様々なフォーマットの紙帳票を効率的にデータ化し、データ入力業務の効率化とコスト削減に貢献するというもの。

ディープラーニングを活用したOCR
昨今、「働き方改革」が叫ばれ、企業において労働生産性の向上が重要なテーマとなった。こうした動きの中で、ホワイトカラーの生産性を向上すべくRPAなどの業務自動化のソリューションも導入されつつある。しかし紙帳票のデータ化は、未だに人手に依存している場合が多い。

様式が定まっている定型フォーマット帳票については、従来のOCR(光学式文字読み取り装置)でもデータ化が可能だった。しかし非定型フォーマット帳票は、データ化は難しく、多くの人手を要する。『スマートOCR』は、ディープラーニングを活用したOCR『AI-OCR』により、この非定型フォーマット帳票のデータ化を容易に行う。

インテリジェンスデータ抽出機能を装備
『スマートOCR』は、スキャナー・複合機・スマートフォンアプリなどで読み込んだ請求書や発注書の画像を、WEBブラウザにおいてOCR変換するというWEBクラウドサービス。インテリジェンスデータ抽出機能により、請求金額・請求日・請求元会社名・振込先口座情報・明細情報などを、自動的に抽出する。

抽出されたデータは、CSV出力・API連携・RPAなどにより会計システムに取り込むことも可能。2018年5月より開始された住友生命との共同開発では、既に健康診断書のデータ化開発を行っているという。

(画像は株式会社インフォディオの公式ホームページより)


外部リンク

スマートOCR クラウドサービス - 株式会社インフォディオ
https://www.smartocr.jp/

人工知能OCRを用いた WEB クラウドサービス「スマート OCR クラウドサービス」リリース - 株式会社インフォディオ
https://www.irrc.co.jp/pdf/press20180927_info.pdf

  • このエントリーをはてなブックマークに追加