• TOP
  • >
  • 働き方
  • >
  • 大和ハウス工業、「工事現場の働き方改革啓蒙」ポスターの掲出を開始
2018-10-07 07:00

働き方

大和ハウス工業、「工事現場の働き方改革啓蒙」ポスターの掲出を開始

働き方改革
画像には、俳優・松坂桃李さんが出演
大和ハウス工業株式会社は、2018年10月1日、全国の建築現場において『工事現場の働き方改革啓蒙』ポスターの掲出を開始したと発表した。

同社は、建築事業や都市開発事業を手がける企業。今回のポスター掲出は、同社が推進している「働き方改革」の一環として行われたもの。ポスター画像には、俳優・松坂桃李さんが出演している。

建設業労働者の減少は、日本の将来にとっても問題
大和ハウス工業は、「建築の工業化」を企業理念として1955年に創業された。以来、戸建住宅をコア事業として賃貸住宅・分譲マンション・商業施設・事業施設など幅広い領域で事業を展開。これまで供給してきた住宅は169万戸超、商業施設は4万1000棟以上におよぶ。

同社は、少子高齢化の進展などによって日本の建設業労働者が減少していることを憂慮。また、この労働者の減少および不足は、建設業界だけでなく日本の将来にとっても大きな問題になると判断。労働者確保のためにも、建設業界の「働き方改革」に乗り出した。

工事現場における原則4週8休を実現する
大和ハウス工業では、工事現場における原則4週8休を実現する「働き方改革」を、2021年4月をめどとして推進。技能者の処遇改善や、生産性向上による労働環境の改革にも、積極的に取り組んでいる。

今回の『工事現場の働き方改革啓蒙』ポスター掲出も、こうした取り組みの中で行われた。同社の建築現場・事業所・協力会社の事務所にて、既に掲出が開始されている。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

大和ハウス工業株式会社
https://www.daiwahouse.co.jp/index.html

大和ハウス工業の全国の建築現場で働き方改革啓蒙ポスターの掲出を開始 - PR TIMES
https://prtimes.jp/main/html/rd/p

  • このエントリーをはてなブックマークに追加